手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第46話 感想
『誰が為』

シノの渾身の一撃が外れ打つ手がなくなった鉄華団は、
ホタルビを自爆させ煙幕を発生させて戦線離脱を図ります。
一方、三日月VSジュリエッタは三日月の勝利に。
時間はかかったもののほぼ無傷で勝利とは、
もう三日月と戦えるのはガエリオしかいないのか。

そのガエリオはマッキーと一騎打ちの真っ最中。
ガエリオがアインモードを使ってもほぼ互角とは
マッキーが凄いのか、それとも単なる話の都合なのか。
しかしガエリオのドリルキックが炸裂する寸前に
石動が割って入ってドリルキックは石動に炸裂。
マッキーの理想にしがみ付いた石動も哀れですが、
活躍できないまま終わったヘルムヴィーゲも大概哀れです。
MSの装甲ってあんまり活躍できる印象がないなぁ。

マクギリス陣営は既にボロボロ。
ザックは一人で鉄華団から離脱したほうがいいのでは。
言ってることはまともなんですけど、
この場で言ったらボコボコにされても仕方ないぞ。
昭弘は人間的に成長したなぁ。
鉄華団、前線指揮官としては優秀な人材が揃ってるのに。

まだまだ諦めないマッキー。
火星の戦力があるとはいえ圧倒的劣勢に変わりはない。
ここに来て何も奥の手がないとは思いたくないですが…。
アトラちゃんは正妻の貫禄がついてきた。
ジュリエッタとガエリオもホント仲良くなった。
これはもうジュリエッタの死亡はないかな?

ヤマギに一喝されるオルガ。
オルガは完全に引き際を謝った感がありますけど、
まあその引き際は終わってみないと分からないのが難しい。
しかしシノとヤマギは完全にホモでしたね…。
まあ最近はホモだと叩いた方が叩かれそうな雰囲気ですが。

三日月と話して前へ進む決意を新たにするオルガ。
しかしマッキーは部下に裏切られて頼りにしていた
火星の戦力も使えなくなるという詰みっぷり。
もうまともな手段で挽回するのは不可能な気がしますね。
他の方も言ってましたけど鉄華団がマッキーを捕まえて
ラスタルに命乞いするとか、火星のMAを復活させ撒くって
ギャラホ内戦どこじゃない大騒ぎにするとか、
ロクでもない手段しか思い浮かびませんが…。
次回の展開が怖いです。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。』体験版 感想
公式はこちら。
HULOTTE『神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。』
萌えゲーメーカーHulotteの最新作である
『神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。』を体験してみました。

Hulotteの作品といえばちょっと不思議な状況から
主人公が積極的に恋人を探していくというイメージですが、
その傾向は今回の作品にも継承されていますね。
今回は神様が偽妹として恋愛をサポートするということで、
過去作であるモテヤバにちょっと似たシチュかも。

主人公はヘタレな部分はあるものの、恋愛したいという
意思をはっきり出しているところは好感が持てます。
ヘタレかけると妹がすかさずフォローを入れますし、
主人公もそれを素直に受け入れるので
ウジウジした展開が続かないのはとても良い。
妹の出番が多いせいで恋人候補である3人よりも
妹の方が魅力的に見えてしまうのですが、
おそらく妹が真のヒロインでしょうし問題ない…かな?
逆にこれで妹ルートの扱いが軽いと訴訟案件ですね。

ヒロインとの距離がカウンターに表示される演出は面白い。
現状ではヒロインごとの数値の差があり過ぎますけど、
話を盛り上げる要素としてはこれぐらいで正解だと思います。
距離が近くてもあと一歩が遠いというのはお約束ですね。
でもアイキャッチは入れ過ぎに感じられました。
間隔が短過ぎて話がブツブツ切られますし、
個人的にはアイキャッチは半分ぐらいで良かったかも。

恋人候補は真面目な七海、ほんわかな鈴奈、
不思議系な由香里とバランスのいい組み合わせ。
属性は分かれているものの、七海や由香里にしても
それぞれの属性を持ちつつ柔らかさも残っている感じで、
会話がすらすら進むのでストレスは少ないです。
妹兼神様は有能サポートキャラのお手本みたいなキャラ。
お喋りで飄々としてて主人公をしょっちゅうからかうという
個人的にストライクなキャラなのでルートにも期待したい。
SPさんと従妹もおまけルートはありそうですね。
もひとつおまけにハーレムがあってもおかしくないですが。


まとめ。
Hulotteらしい分かりやすい萌えゲーでした。
ヒロインは全員可愛いですし、主人公も前向き。
体験版を触った感じでは、ヒロインたちの魅力を見せつつ
距離を縮めていくという流れを手堅く作っていましたし、
このまま進めていけばよく出来た萌えゲーになりそうです。
もともと凝ったシナリオを期待する作品ではないですし、
妙な冒険心を持たずに作っていただけたらなと。
いや、まあ出来の良い凝ったシナリオが出てくるなら
こちらとしてはそれが一番ありがたいですけど。

今のところ3月の有力候補です。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

『聖者が殺しにやってくる』後藤リウ 感想
聖者が殺しにやってくる (角川書店単行本)
KADOKAWA / 角川書店 (2013-06-17)
売り上げランキング: 159,536

隠れキリシタンの元締めだった旧家を舞台に
一族に関係する人間が次々と殺されていくミステリー小説。

話自体はなかなか凝っていて、隠れキリシタンという設定や
旧家の複雑な血縁関係、14年前に起こった事件との繋がりなど、
それらが最終的に一つに繋がっていくのは面白かったです。
犠牲者たちの猟奇的な装飾もいい雰囲気を出しています。

ただ、キャラクター造形に関しては微妙でした。
ミステリーといえばエキセントリックな探偵と
ちょっとドン臭い助手の組み合わせがお約束ですが、
この作品ではちょっとドン臭い主人公が探偵役なので
捜査パートがいまいち面白く感じられなかったです。
助手役の幼女も生意気でやかましいタイプで、
よく特撮でいる話をかき回す子供に近い感じです。
これはもう好みの問題なので仕方ないといえばそうですが、
普通の探偵と助手の組み合わせならもっと楽しめたかなと。

探偵がしっかりしていないせいで
クライマックスの盛り上がりもいまいちでしたし、
やはり定番の天才探偵とおとぼけ助手という組み合わせは
よく出来ていると実感させられる作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第45話 感想
『これが最後なら』

ギャラホの内乱に巻き込まれた鉄華団。
しかし数、練度ともに段違いのラスタル艦隊を前に苦戦。
「女も金も思いのまま」と鉄華団を鼓舞するオルガですが、
セリフだけ見ると悪役の発言にしか見えないですね…。

エースである三日月はジュリエッタと激突。
ジュリエッタは三日月に押されつつもよく食らいつき、
三日月にいつもの雑魚掃除をさせません。
ジュリエッタ、ガンダムじゃないのに頑張ってるぞ。

ただでさえ押され気味だったマッキー陣営ですが、
ラスタルの容赦ない小細工によってダインスレイヴが使われ
一瞬でマッキー艦隊の半分以上が戦闘不能状態に。
味方に無駄な犠牲を出さないためにはいい作戦ですが、
勝っている側が小細工に走るのはあまり印象がよろしくない。

負けが見えてきたオルガは撤退を考えますが、
古参メンバーはこれが最後とばかりにやる気満々。
オルガが下手に煽ったツケが回ってきたともいえますが、
おやっさんが言ってた考えの狭さでもあります。
ザックは就職先を間違えたなぁ。

バエルに乗って味方の士気を高めるマッキーですが、
そこへ仮面を取ったガエリオとキマリスが登場。
ついにマッキーとガエリオのリベンジマッチかと思いきや、
乱入してきた石動によってガエリオは足止めに。
マッキーはその隙に残存勢力を結集しようとするものの、
そこにダメ押しのダインスレイヴをぶち込まれます。
これはもう完全に詰んだな…とマッキーも思ったのか、
戻ってきて再びガエリオと一騎打ちすることに。
この流れなんか笑ってしまった。

フラウロスによる起死回生のダインスレイヴも外れ
いよいよ打つ手がなくなってしまったマッキーと鉄華団。
バルバトスやグシオン、バエルは健在とはいえ
ここから逆転の目は流石になさそうに見えますが…。
新しいMA乱入とかなら場はかき乱せそうですけど、
それをやってすっきり終わるかと言うと別なわけで。
いやもうホントどうなるんでしょ。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『鬼手 小早川秀秋伝』大塚卓嗣 感想
鬼手 小早川秀秋伝
鬼手 小早川秀秋伝
posted with amazlet at 17.02.23
大塚 卓嗣
光文社
売り上げランキング: 510,057

小早川秀秋と日本史では裏切り者の代表みたいな扱いですが、
この本ではそんな小早川秀秋を主人公にしています。

基本的に無能として描かれることの多い秀秋ですが、
今回は主人公だけあってなかなか有能な動きを見せます。
小さい頃は才気を感じさせながらも秀吉が乱心すると
小早川家に非難して粛清回避のために無能を装う。
三成が挙兵すると即座に東軍に連絡を取りつつ
西軍の中核戦力としてできるだけダラダラ行動し、
東軍の岐阜進出を助け、更に京極家を仲間に引き込むなど
裏切り以外でも東軍の勝利に大きく貢献しています。

流石に主人公補正は大きいものの、関ヶ原の合戦前哨戦での
小早川の不可解な動きを見るとある程度説得力はありますね。
伏見での鳥居元忠との会談は面白かったですね。
数の力を信じる秀秋に対して決死の精鋭を信じる元忠。
どちらが正しいかはともかくとしてこの会談が
後の秀秋に大きな影響を与えたことは確かです。

肝心の関ヶ原本戦はというと、この本ではまず秀秋が
松尾山を奪った時点で宣戦布告をしたという解釈。
つまりまず小早川勢から手切れ宣言したわけで、
西軍が松尾山を攻めているうちに家康が到着してから
一気に西軍を攻め潰すという作戦だったわけで
これなら例の裏切り問題は発生しないはずだったのですが、
ここで三成が取った作戦がまさに鬼手でした。

それは松尾山を西軍の陣として取り込み
小早川勢が西軍だと大きく宣伝するということ。
これによって小早川勢が西軍をに味方しない場合は
裏切り者として世間の評判はがた落ちになり、
今後の政権での出世の芽も潰すという恐ろしい一手です。
そして西軍は敗れたもののこの策は見事に当たって
小早川秀秋の名前は地に落ちることに…。

とはいえ秀秋が生きていれば挽回できたんでしょうけど、
それからすぐに死んでしまうから救われない。
しかも毒殺で黒幕は最初から出ていたあの男という
ミステリー的などんでん返しも備えているのですが、
これについては若干強引過ぎた感じも。

しかし関ヶ原中の秀秋の行動を東軍のためと仮定して
再構成しているのは面白かったですし、
何より秀秋主人公という目新しさが良かったです。
今後も新鮮な楽しさを生み出し続けて欲しいですね。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学