FC2ブログ
2018/07/28

『桶狭間の四人 光秀の逆転』鈴木輝一郎 感想

桶狭間の四人 光秀の逆転
鈴木 輝一郎
毎日新聞出版 (2017-07-20)
売り上げランキング: 369,586

信長秀吉家康光秀の4人がドタバタするシリーズ4作目。

金ヶ崎姉川長篠と来てそろそろ本能寺かと思いきや、
最新作ではまさかの桶狭間が舞台。
4人の腐れ縁の始まりを描く物語になっています。

この時点で家康は今川側なのは当然だとして、
秀吉と光秀も信長を今川に売ろうとしているのが面白い。
まあ秀吉は下っ端、光秀は浪人ということもあって
信長を手土産に出世を狙おうというのは分かります。

前半の信長暗殺阻止計画も面白かったですが、
やはり本命は後半の桶狭間の戦い。
天候に恵まれた信長が今川を奇襲するという流れは
周知の通りなのですが、秀吉や光秀は優秀であるが故に
手堅く進軍している今川の勝利を疑っておらず、
それがひっくり返される衝撃の描写が上手い。

更にクライマックスで今川義元が討たれそうになったときに
秀吉と光秀が信長を暗殺しようとするという展開は
後の本能寺の変の片鱗を感じさせられてゾクゾクしました。
この流れだと秀吉も本能寺の変の黒幕側になるのかな。

あとは自信をなくしている浪人光秀が女房から
「天下人になれる」と言われるシーンも良かったです。
後の展開を知っている者としては感動せずにはいられない。

シリーズとしての時系列は一番昔なのですが、
あちこちに本能寺の影を感じさせられる内容でした。
次こそは本能寺の変かなー。
2018/07/27

2018年7月27日のお買い物

本日の獲物はこいつだ!
mirai『宿星のガールフレンド』7月27日発売!
miraiの新作、『宿星のガールフレンド』となりました。

今回はDMMのDL販売を利用してみました。
基本的にエロゲーはパッケージ派なのですが、
今回は不要な特典が強制で価格差がそこそこあったため、
満を持してDL購入に挑戦してみました。
まあやってること自体は同人ソフトのDLと同じなので
それほど画期的という訳でもないのですが。

流石にサイズが大きいので少し時間がかかったものの、
一度落としてしまえばいつも通りインストールするだけ。
アカウントを作るところから始めるなら面倒ですが、
アカウントを持っているならサクッと起動できました。
いざ使ってみると便利ですねー。
店舗に行く手間が省けるのは大きいです。
まあやはり手元に実物が欲しい気持ちは大きいですが。

宿ガルは分割作品なのですが、初っ端の夕里が
一番好みなので果たして次を買うモチベがわくかどうか。
分割作品はこういうところが難しいのですが、
そんな不安を吹き飛ばしてくれる出来を期待したいです。
2018/07/25

『しょったれ半蔵』谷津矢車  感想

しょったれ半蔵
しょったれ半蔵
posted with amazlet at 18.07.25
谷津 矢車
小学館
売り上げランキング: 477,723

服部半蔵正成が主人公の忍者小説。
史実寄りの話かと思って読み出したのに
内容が忍者バトルメインだったのには驚きましたが、
これはこれで楽しむことが出来ました。

父親への反発から忍者の道を捨てた半蔵が
最終的に忍者としての自分を認めるという流れは
成長物語として王道で爽やかな読後感になっています。
同僚の侍たちとの友情やくの一である霧との関係も
青春っぽい雰囲気を感じさせてくれます。

ライバル役である忍者・梟の強敵っぷりや
彼の生い立ちの真相にも一捻りあって、
最後の戦いもなかなかの盛り上がりでした。
ただラストは半蔵に決着つけて欲しかったですね。

軽めの忍者小説としてサクッと読める作品。
忍者の割には爽やかな雰囲気ですが、
たまにはこういう作品もいいと思います。
2018/07/22

『帝都大捜査網』岡田秀文 感想

帝都大捜査網
帝都大捜査網
posted with amazlet at 18.07.22
岡田 秀文
東京創元社
売り上げランキング: 454,225

昭和初期の帝都を舞台に連続殺人事件を追跡する物語。

まずタイトルの割に大事になっている感が薄かったです。
一応調査には多人数が関わっているものの、
主に捜査している特捜部数人の描写ばかりなので
警察全体が焦っているようには思えなかったのが痛い。
事件自体も食い詰め者の死体が淡々と発見されるだけで
帝都中が震撼しているとは感じられませんでした。

死体が出るごとに死体の傷が減る謎の真相は面白かった。
しかし犯人側の視点があるので真相が判明するのが早く、
それなのに警察側がなかなか真相に辿り着かないので
警察側が無能に感じられてしまったのは残念ですね。
犯人側の殺し合い描写に緊迫感があったせいで
警察側のダラダラした印象が余計に強く感じられました。

探偵役の娘が妄想の産物だったというオチ。
これについては完全に蛇足だったような気がします。
肝心の連続殺人事件との絡みも薄いですし、
妄想設定を省いた方がスッキリ終わったはず。

非実在探偵ってことは捜査会議の様子で分かりますし
丁寧に伏線を貼っているのですが、
最後のオチとしては力不足もいいところです。
この設定を使うなら探偵と犯人の一人二役ぐらいの
荒業を持ってこないと意味がないのでは。

面白い部分もあったのですが余計な部分もあり、
最後にバランス崩壊してしまった作品だと思います。
2018/07/16

『Deep One -ディープワン- 』体験版 感想

公式はこちら

Namelessのデビュー作である燃えゲー、
『Deep One -ディープワン- 』を体験してみました。

体験版の内容は戦闘シーンのチラ見せ程度なので
ボリュームはかなり少なかったですね。
ただ、そのチラ見せでも厳しそうなのが分かりました。
Fate超えを目指すという心意気は買っていたのですが…。

とにかく戦闘が面白くない。
キャラが厨二っぽいことを喋ってはいるのですが、
よく喋る割には意外性のある行動が少なく、
非常に間延びした戦闘シーンになっています。
厨二言語の使用はもう少し控えて欲しかったなぁ。
この手の独自言語はどうしても必要な場合だけ使って、
他は普通の言葉を使った方が綺麗だと思います。

演出は確かに力が入っているものの、
それも十年前のニトロプラスやageに届かない感じ。
しかも同じ演出を乱発して派手な戦いっぽく見せているため、
体験版の範囲だけでもワンパターンに感じられました。
折角のエロゲーなんだからもう少し文章を使って欲しい。

今回の体験版は短過ぎて体験できない体験版ですし、
それだけでもどないやねんって感じなのですが、
それ以上に売りであるバトル要素の出来が怪しかったです。


まとめ。
言い方は悪いですが、とりあえず厨二言語を並べて
画面をピカピカ光らせているだけのゲームに見えました。
エロゲーの演出については過去の名作でも
邪魔とかやり過ぎとか否定意見はありましたけど、
この作品は演出任せ過ぎるように感じられます。
エロゲーなんだから地の文でも燃えさせて欲しいなぁ。

正直、現時点での評価はかなり低いのですが、
最近は燃えゲー不足なので買う可能性はあります。