2017/05/29

『ニュートンと林檎の樹』感想

公式はこちら。
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
Laplacianの2nd Projectである
『ニュートンと林檎の樹』の感想です。

タイムトラベル物ということで上手くまとめられるか
心配していたのですが、そこについては全く問題なしでした。
過去に飛んでからも状況が二転三転して飽きないですし、
万有引力のオチもいい意味で予想を裏切ってくれましたね。
ラビについては賛否はあるでしょうけど使い方は面白い。

ややこしい設定をシンプルに見せていたのもいいですね。
万有引力の法則がなくなった影響を雑誌の内容の変化という形で
表現したのは分かりやすくて良い描写方法だと思いますし、
ご都合主義を適度に混ぜ込んだライトな物語になっています。
雰囲気も重くなり過ぎずコメディちっくなノリで読みやすかった。

あと、ムービーを使った演出は面白かったですね。
BGMに合わせた声優さんの語りは耳に残りますし、
内容もキャラの個性全開という感じで洗脳されました。
この演出は次回作にも繋げて欲しいところ。

ただ、話はテンポよく進んだものの、
ヒロインとの関係の掘り下げやイチャラブもあっさり気味。
主人公とヒロインがくっつく過程は短いですし、
ヒロインと恋人関係になってるという実感は少なかったですね。
幼馴染で比較的付き合いの長い四五はともかく
他のヒロインは割と唐突に惚れてる感が強かったです。
主人公がそれほど目立った活躍しなかったことも大きいかな。
エロについても最近よくあるおまけ水増しスタイルなのが
本編でイチャラブが少ないという印象に繋がっています。

まあこれはストーリーの方にも原因があって、
タイムパラドックスの修正に追い立てられている状況で
普通にイチャコラしていたら違和感しかないのもまた確かです。
ぶっちゃけ、このストーリーならエロ描写を全部カットして
過去修正と主人公の立ち直りがメインでもいいぐらい。
ただそれだと売れないでしょうし、エロゲーとして出すために
エロを混ぜてみましたって感じでしょうか。


まとめ。
読み物としては面白かったですが、エロゲーとしては難しい。
自分が期待していたタイムトラベルや万有引力については
しっかり纏めてくれたので満足感は高かったのですが、
逆に悪い予感がしていた恋愛やエロ描写については微妙で、
期待以上の出来とまではいかない作品でした。
まあイチャラブを入れにくそうなストーリーではありましたけど、
そこを上手くやりくりしていれば名作になれたかも。惜しい。

自分はこの手のストーリー重視作品でも問題ないのですが、
嫌いな人は徹底的に嫌いそうな構成ではありますね。
長所短所がハッキリしているので
今後購入する人はしっかり下調べすることをオススメします。

以下ネタバレで少し。

続きを読む

2017/05/13

『Fate/stay night』 感想

公式はこちら

TYPE-MOONの名声を決定付けたFateの初代作品を
10年ぶりぐらいにプレイしてみました。
この作品が出た頃にはまさかFateシリーズが
これほど続くとは思わなかったですね。
そして月姫2がこれほど出ないとも思わなかったです。

まあそれはさておき。
久し振りにプレイしましたけどやっぱり面白いですねー。
画面サイズは小さいですしボイスも入ってないんですけど、
今でもフルプライスで買っても惜しくない出来です。
発売当時は3日ぐらいで一気にクリアした記憶がありますけど、
今回は2週間近くかかったところは年齢を感じさせられます。
でも毎晩楽しい時間を与えてくれたことには感謝したい。

今回プレイして改めて思ったのはこの作品、
ルート封印を上手く使ってるってことですね。
特にHFルートのセイバーオルタ登場やライダーの味方化、
士郎の生き様の変化は前2ルートがあってこそのものでしょう。
自分はルートごとに敵味方が変わる作品が大好きなのですが、
そのツボをゴリゴリ押してくれる作品です。
あと、追い詰められてのパートナー変更も好きなので
凛セイバー降臨のシーンもめっちゃ好きですね。
本気セイバーのステータスの高さは何度見ても笑う。

後に行くほど楽しみが深まる作品であるのは確かですが、
一番王道なのは初っ端のFateルートですね。
改めてプレイしてみると真っ当な戦闘がてんこ盛りで
掴みのルートとしてこれはこれで良く出来てる。
UBWルートでのアーチャー関連のゴタゴタや
HFルートでの黒い影関連の戦闘も面白くはあるのですが、
これらが最初のルートだとテンポが悪く感じてたでしょうね。
3つのルートというよりは、Fate→UBW→HFという順で
1つの作品として構成されているのがよく分かります。
各サーヴァントにしっかり見せ場があるのもお見事。

ただ、昔から欠点だと感じていた部分も2つあって、
それは今回のプレイでも感じられました。
一つはバーサーカーをエクスカリバー一発で殺し切ったこと、
もう一つは前2ルートでの桜の出番の少なさ。
まあバーサーカー関連はヤツの特殊能力を考えると
他のやりようが難しかったというのは分かるのですが、
桜についてはもうちっと出番があってもよかったかなと。
HFまで引っ張って一気に出すのが狙いなのかもしれませんが、
個人的には他ルートでももう少し匂わせて欲しかったです。


まとめ。
いまだ色褪せない名作という感じでしょうか。
システム面でこそ古さを感じさせるものの
シナリオ、キャラの良さは今プレイしても楽しめますし、
その後長く続く作品になったのにも改めて納得です。
最近のエロゲー業界ではこういう力作はご無沙汰気味ですが、
いつかまたこのレベルの作品に出会えると思いたいです。

それはそれとして今度はHFルートが映画化されるらしいですが、
このルートは序盤が結構地味なのが気になるところ。
ゲームならともかくアニメだと映えないように思えますが、
そこをどう料理するかも含めて楽しみですね。
2017/04/30

『9-nine-ここのつここのかここのいろ』Episode1 感想

公式はこちら。
9-nine-ここのつここのかここのいろ
ぱれっとの最新作にして分割作品の1本目でもある
『9-nine-ここのつここのかここのいろ』の感想です。

…うーむ、すっきりしない。
分割作品なので分かっていたことですけど、
謎は残りまくりですしなかなかの後味の悪さでした。
1ルート目として考えてもちょっと物足りないなー。

今回の作品は1周目で強制バッドエンドルートに入った後に
都ルートがオープンするという仕組みなのですが、
この都ルートの結末がイマイチでした。
一応、都と恋人関係になって最悪の結末は回避したのですが、
敵の正体や異世界の謎はほとんど明かされないですし、
いくらなんでもネタを温存させ過ぎな気がします。
バトル物でも最初のルートでは仮ボス的存在がいますけど、
この作品ではそういう存在がいないので全く盛り上がりません。
ここまで盛り上がらないと先も気にならないので本末転倒。
分割の悪い面がモロに出てしまった気がします。

ヒロインの都自身は可愛かったのですが、
上記の通りシナリオに恵まれなかったのが勿体無い。
一番盛り上がったのはお互いが告白するシーンですが、
謎解きがメインのゲームでそれはどうなのかと。
都ももう少し黒いところがあるかと思っていたんですけど、
結局能力の割にはいい子のまま終わっちゃいましたし、
なんだか終始淡々と進んで終わってしまいました。
能力を研究する場面など面白い部分もあったものの、
小ネタレベルの面白さで終わってしまったのが残念でした。


まとめ。
物足りなかったです。
ヒロインである都との仲は丁寧に進めているものの、
肝心の能力関連がほとんど進んでいないので後味が悪い。
最後にもう一戦あるだけでだいぶ変わったと思うのですが。
もしくは2ルートごとの上下編分割にして
もう少し謎解きしてくれれば良かったかもしれません。

正直、今回は期待に届かない出来だったのですが、
キャラは可愛かったことと単価が安いこともあって
他に候補がない月だと続編にも手を出してしまいそうです。
…メーカーの思惑通りなのかもしれませんけどね。
2017/03/09

『Fate/Grand Order』第1部 感想

今更ですが、第1部クリアしました。

最初にFateのスマホゲーと聞いたときは
そんなのよりはやく新作を出して欲しいと言うのが
正直なところだったんですが、実際にプレイしてみると
しっかり燃えて感動させられたので全面的に自分の負けです。
スマホゲーでもちゃんとしたシナリオを見せられるという
当たり前の事実を改めて思い知らされた次第です。

とはいえ微妙な部分のある作品であるのもまた事実ですし、
クリアするまでに何度か心が折れる経験もありました。
特にガチャは他のゲームと比べてもかなり渋く、
手に入った星5は福袋で出たジャックのみという状況。
まあ戦力的には星3でもクリアは出来るのですが、
もうちょい星5が引けてたらモチベも維持できてたかなと。
あと育成の面倒さとやっつけ気味に話の腰を折る雑魚敵襲来。
まあどれもスマホゲーではよくある要素なのですが、
そういう点ではFGOもスマホゲーらしいと言えなくもない。
クリアするのが今になった原因はここらへんにあります。

ただ、そういう部分をひっくるめたとしても
最後までプレイしてよかったと思える作品だったのは確か。
特に後半、6章以降の盛り上がりは本当に素晴らしかったですね。
序盤が面白くなかったというわけではないんですけど、
序盤ではどこかで見たキャラがわちゃわちゃやってるという
スパロボ的な面白さがメインだったのに対して、
6章以降はキャラが燃え尽きるような面白さというか。
6章は円卓もハサン組もエジプト組もみんな熱過ぎでした。
円卓すげーオジマンすげーキングハサンすげーという感じで、
プレイ中はひたすらすげーと思いながらプレイしていた記憶が。

6章のメンバーがめっちゃ豪華だったせいで
7章では失速するんじゃないかと思っていたんですけど、
7章もギルやマーリン、3女神ががっつり盛り上げてくれて
終わった後は「ありがとう」としか言えなかったです。
「ウルクはここに健在です!」では感極まりましたね…。

終章は盛り上がりよりも美しさ優先という感じかな。
でもマシュやロマン、ソロモン(仮)の生き様が
綺麗に終息していく感じで、これはこれで鳥肌ものでした。
ソロモン(仮)の最後の悪足掻きは人間味が溢れてて好き。
強さではなく生き様的にラスボスに相応しい存在というのは
物語を綺麗に終わらせるためには不可欠だと思います。

ここ最近、燃えゲーからは遠ざかっていたのですが、
久々に全力で燃えることの出来てとても満足。
最近はエロゲーでめぼしい燃えゲーが見当たらないですが、
そういう不満を見事に吹き飛ばしてくれました。
やっぱりこう、心からぐわーっと燃える作品はいいですね…。
1.5部や2部のことを考えるとまだまだ先は長そうですが、
今後もマイペースに付き合っていく所存です。
2017/02/02

『人気声優のつくりかた』 感想

公式はこちら。
『人気声優のつくりかた』
MintCUBEの2作目である
『人気声優のつくりかた』の感想です。

悪くはないけどお高い。

この作品の感想はこれに尽きるかと。
人物描写は丁寧で不快なキャラクターも少ないですし、
話の方も小さくではありますが綺麗に纏まっていました。
ただ、ヒロインが3人でこのシナリオボリュームだと
やっぱりミドルプライスが妥当だったと思います。

この作品の特徴はキャラの物分かりの良さですね。
ヒロインが落ち込んだら主人公がサッと手を差し伸べますし、
ヒロインもあっさりその手を取るのでグダグダしません。
一部モブキャラは捻くれているもののサブキャラは
いい人揃いですし、基本的に優しい雰囲気で話は進みます。
芸能物ではお約束の炎上ネタなどはあったりしますが、
ヒロインの周りのキャラ達が頼りになるおかげで
そこまで深刻にならず読み進められるのは良いですね。

ただ、良くも悪くも意表を突く展開は少ないので
最後まで話が平坦なまま終わってしまった感があります。
まあ、これに関しては購入前の予想通りだったんですけど、
いい意味で裏切ってくれるかと期待もあったのですが…。
もちろん変な冒険をするよりはずっといいですけど、
それでもやっぱり物足りなさは残りました。
ヒロインにしても物分かりのいい出来た娘ではあるものの、
イチャラブが特別濃いというわけでもないので
キャラ萌えという点ではそれほど破壊力はなかったです。
声優と付き合うという非日常感がもう少し欲しかったですが、
あくまでヒロインの声優としての成長メインという感じ。

とはいえ、声優物として真面目に作られていたのは確かです。
売れっ子声優、売れない声優、新人声優という
ヒロイン配置でそれぞれのテーマを掘り下げていましたし、
業界ネタも説明臭くならない程度に取り入れていました。
業界の闇を期待し過ぎると拍子抜けするでしょうけど、
声優業界の夢のある世界として描くという点では
教科書的な作品になっているように感じました。


まとめ。
価格以外は良くも悪くも優等生的な作品でした。
キャラの性格はいいですしそんな彼ら彼女らが声優業界で
夢を掴んでいくという流れは応援したくなりますね。
登場人物が綺麗な人間ばかりなのは賛否が分かれそうですが、
そこは体験版を触れば十分判断できると思います。
声優に興味がない人にもオススメ、とまでは行きませんが、
声優業界に興味のある人なら楽しめるのでは。

あとはヒロイン3人の作品にどこまでお金を出せるかですね。
ボリュームはヒロイン3人と聞いて想像したまんまなので
自分としては内容の割にちとお高く感じました。