手を出したものの感想を書き溜める場所
『誉れの赤』吉川永青 感想
誉れの赤 (講談社文庫)
吉川 永青
講談社 (2016-06-15)
売り上げランキング: 106,492

戦国時代の赤備えといえば武田、そして井伊が有名ですが、
この小説はそのどちらにも属した男が主人公です。
武田も井伊も歴史小説の主人公としては常連ですが、
その下の赤備えに注目した小説は珍しいのではないでしょうか。

まず冒頭、長篠の戦いで武田の赤備えが崩壊し、
主人公が徳川の捕虜となるところから物語は始まります。
そこから上司を転々として最終的に井伊家に落ち着くのですが、
この辺りの自分の身の置き所が落ち着かない感じは
現代の仕事でいえばプロジェクトごとにチームが解体され
また別のチームで仕事する感じに似ているのかも。

しかしそんな忙しい状況の中でも
主人公が腕と度胸と純粋さで評価されていくのは爽快でした。
最初が頑固だった井伊直政が主人公の純粋さに影響され
少しずつ丸くなっていく展開も微笑ましかったです。
親友との別離も武士と農民という立場の違いだけでなく
お互い譲れない考えがあるので納得できる展開でした。

ただ、ラストはちょっと納得できなかったです。
これはもう完全に好みの問題になるんですけど、
こういう主人公にはハッピーエンドを迎えて欲しかったです。
最後まで人物描写が丁寧だっただけに
井伊主従の今後の成長が楽しみだったのですが、
それが外的要因で断ち切られたのが勿体無くてたまりません。
生きて帰ってこその赤備えって散々言ってたのに…。

とはいえ赤備えという着眼点や人物描写は面白かったですし、
また新たな視点で歴史を楽しむことのできる作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『怪物商人 大倉喜八郎伝』江上剛 感想
怪物商人  大倉喜八郎伝
江上 剛
PHP研究所
売り上げランキング: 324,398

一代で大蔵財閥を築いた大倉喜八郎の物語。

大蔵財閥と言えば自分的には
ホテルニューオークラのイメージでしたが、
調べてみるとなかなかの企業が揃っていたんですね。
とはいえ四大財閥と比べると見劣りするのは確かですが。

今回の主人公である大倉喜八郎の魅力は
企業のトップとしてひたすら突っ走るところ。
この強烈なワンマンっぷりが四大財閥に及ばなかった
大きな原因であるようにも感じましたが、
当時未知の世界だった欧米や台湾、果ては中国にまで
命がけで突っ込んで行く姿には男として憧れます。

戦争で儲けることが多かったせいで
世間で死の商人として叩かれることも多かったようですが、
この作品の大倉はそういう世評を屁とも思わず
国のために仕事をしまくるところも清々しい。
更に日本の支援によって中国を発展させることで
将来はお互い利益を得られるパートナーにしようという
壮大な考えも持っているんだから素晴らしいですね。
各国にこういう考えの商人が増えれば
もう少し世界も穏やかになりそうなものですが…。

江上さんの作品は結構当たり外れがあるんですけど、
やはり経済や商人の話になると筆がノるようですね。
今回の作品も死の商人と言われる大蔵の
汚名を晴らそうとする気合が感じられる内容でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『幕末! 疾風伝』天野純希 感想
幕末! 疾風伝
幕末! 疾風伝
posted with amazlet at 16.10.17
天野 純希
中央公論新社
売り上げランキング: 458,057

オリジナル主人公の視点からの幕末物。
主人公である松浦佐太郎は誰かモチーフがいそうでしたが、
ざっと調べた感じでは見当たりませんでした。

話としては幕末の大まかな流れを追って行くわけですが、
何の取り得もない平凡な主人公視点ということもあって
歴史の大波に振り回されている感が凄かったです。

まずモテたいから志士になるという動機の小者っぷりがいい。
明治維新という日本史の一大イベントに
当時こんな動機で首を突っ込んだ貧乏侍は多かったのかも。
もちろんそのまま命を落とした人も多いでしょうけど。

佐太郎の成長っぷりもちょうどいい感じですね。
最初は剣も学問もダメダメだったものの、
何度も修羅場をくぐり抜けるうちにそこそこの剣士になり、
しかし本物の一流には歯が立たないという、
なんというかそこらにいそうな感じが共感しやすいです。

高杉晋作や坂本竜馬、木戸孝允といった大物と関わりつつも
歴史を変えるほどの影響がないというのもちょうどいい。
自分の目の前を次々と英雄が駆け抜けていくという感覚は
一般人目線だからこそ表現できるものではないかと。
そんな彼が最終的に辿り着いたのが大きな夢ではなく
小さな人間としての主張だったというのも一貫しています。

決して大きな働きをしたわけではないものの、
最初から最後まで精一杯走り続ける爽快感の残る作品でした。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『鳳雛の夢』上田秀人 感想
鳳雛(ほうすう)の夢
鳳雛(ほうすう)の夢
posted with amazlet at 16.10.06
上田 秀人
光文社
売り上げランキング: 286,853

遅れてきた戦国大名、伊達政宗を主人公にした歴史小説。

うーむ、面白かったといえば面白かったのですが、
その面白さは政宗という実在の人物のおかげであって
本作独自の面白さではなかったと思います。
政宗の幼少期から没するまでを一通り書いているのですが、
人物描写が薄いこともあってか全体的にあっさりしていて
ウィキペディアの戦国大名の項目を見ているような感じ。
それでも面白いのが戦国大名の生き様ですが、
小説であるからにはもう少し掘り下げて欲しかった。
ライバルである最上義光の物語、「北天に楽土あり」を
読んだばかりということもあって粗が目立ちました。

ただ、味付けが薄めだったおかげで
政宗という人物にシンプルに迫れた感もあります。
奥州で泥仕合を繰り広げているうちに信長や秀吉が台頭し、
豊臣と徳川の争いは蝙蝠外交で乗り切って
豊臣滅亡後は家康死後のワンチャンを待ち続ける。
時の権力者に対して全力で媚を売ることも厭わない姿勢は
一周回った清々しさのようなものさえ感じさせますね。
ただ、こういう政宗像も嫌いではないのですが、
それを打ち砕くような物語が見たかったのも確かです。
歴史小説であるからには史実以上の何かが見たかったですね。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『光圀伝』冲方丁 感想
光圀伝
光圀伝
posted with amazlet at 16.09.11
冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 205,102

水戸黄門として名高い徳川光圀を主人公にした歴史小説。

水戸黄門といえば元副将軍な好々爺というイメージですが、
この小説における光圀は老いてなお苛烈という印象。
まず老体でありながら家老を刺し殺す場面から始めることで
今までの水戸黄門のイメージを初っ端から吹き飛ばしています。

その後、物語は光圀の子供時代からの成長を追うわけですが、
ここで重要となってくるのが「義」という概念について。
兄ではなく自分が跡継ぎに選ばれた光圀は
そのモヤモヤのせいで不良生活を送ることになるのですが、
自分にとっての「義」を見つけたことでその生活が一変します。

その「義」とは兄の子を自分の跡継ぎとすること。
それによって政権は正統の下へと還り、
自分の中の鬱屈も解消されるというのが光圀の考え方。
親としては自分の子を跡継ぎに立てたくなるのが当然ですが、
それだけにこの考えを実践してみせたのは確かに見事でしょう。
特に血を血で洗うお家騒動が日常茶飯事だった時代では
この一件をもってして光圀が聖人扱いされたのも当然かと。

しかしここから更に掘り下げてみせたのがこの物語の凄さ。
中盤に現れ光圀にその才を愛された少年・紋太夫。
後に家老となり光圀に刺殺されることになるこの男。
光圀を慕いその全てを叩き込まれた俊英ですが、
それ故に光圀が到達できなかった領域まで達してしまいます。

その紋太夫の考えとは、大政奉還。
政権を正統に戻すという点では光圀と同じですが、
それを更にスケールを大きくした考えと言えるでしょう。
しかし後の明治維新時ならともかく、今は平和な幕府全盛期。
大政奉還がいくら正しくても、結果的に平和が乱れるわけで
それを是としなかった光圀は紋太夫を手討ちにすることに…。

いやはや、見事な物語構成というしかないでしょう。
未熟で迷走していた光圀が悟りを経た末に教える側へと回り、
教えられた紋太夫によって光圀は更なる深遠へと到達する。
愛弟子を始末した光圀はとてつもなく苦しかったでしょうが、
同時に出来過ぎた愛弟子を誇らしく思っていたかもしれません。

「義」という考えやその助けとなる教育が
時には人を傷つける酷い悲劇を招くものであったとしても、
それすらも糧として生きていこうと思わせてくれる作品でした。
これだから歴史小説は面白い。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学