手を出したものの感想を書き溜める場所
『銀行支店長、走る』江上剛 感想
銀行支店長、走る
銀行支店長、走る
posted with amazlet at 17.01.30
実業之日本社 (2015-06-26)
売り上げランキング: 33,823

出世を諦めていた中年銀行員が突如支店長に抜擢され、
自分の職場となった支店の謎を探るビジネスミステリー。

話の流れとしては、真面目に働こうとする主人公に対して、
支店の古参管理職たちや本店の上層部が怪しい動きを繰り返し、
主人公はやる気の溢れる若手社員と改革を目指すという感じ。
銀行が舞台なのでそれなりに専門用語は出てくるものの、
話としては非常に分かりやすい内容になっています。

合併銀行内での勢力争いというのは定番のネタですが、
ほんと小学生レベルの嫌がらせが行われていて笑えますね。
客にとっては大迷惑ですが、読み物としては面白い。
今回の話の格は企業への融資に見せかけた汚職ですが、
こうも簡単に政治家へ献金できるとなるとちょっと怖いですね。
バレないまま闇に葬られた案件も多そうです。

というか今回の事件も闇に葬られているのですが、
汚職ネタでこういう終わり方をするのは珍しいかも。
ただ、銀行へのダメージが大き過ぎて
真面目に働いている社員たちまで路頭に迷わすことを考えると、
闇に葬るという主人公の決断も分からなくもない。
今回は黒幕が上手いこと痛い目にあってくれたので
読後感は悪くないですけど、一歩間違えればバッドエンド。
銀行の闇の深さを感じさせてくれる小説でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『ベッドサイド・マーダーケース』佐藤友哉 感想
ベッドサイド・マーダーケース
佐藤 友哉
新潮社
売り上げランキング: 202,586

ある日、目が覚めたら自分の横で妻が死んでいて、
妻を殺した犯人の正体を追っていくうちに
世界の秘密がじわじわと明らかになっていくという
SFサスペンスとでも言うべき小説。

まず起きたら妻が死んでるという導入が上手い。
1ページ目を読んだだけで続きが気になってしまいます。
この導入だけ見るとミステリー小説風なのですが、
読み進めていくと話がどんどん膨らんでいって、
最後に救いのないどんでん返しへ繋がっていきます。
ミステリーとして期待して読むとぶん投げるかも。
まあいつもの佐藤さんという感じですし
自分はこういうオチが結構好きだったりするのですが。

今回の作品は映像化向きかもしれませんね。
冒頭の妻の首に包丁が刺さっているシーンはもちろん、
アクションシーンもあるので、見ていて退屈が少なそう。
電卓と六条という二人の主人公が切り替わることで
作品の雰囲気もガラリと変わっているのも面白い。
ディストピア的な設定やシーンも多いですし、
SFちっくな映像も期待できそうです。
世にも奇妙な物語に近い雰囲気があるんですけど、
あれでやるにはちょっと長過ぎるかなー。

決して凄く面白いという訳ではないのですが、
じわじわとした面白さのある佐藤さんらしい作品でした。
デビュー作から追っかけてますけどまだ飽きないですね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『槐(エンジュ)』月村了衛 感想
槐(エンジュ)
槐(エンジュ)
posted with amazlet at 17.01.15
月村 了衛
光文社
売り上げランキング: 324,898

月村さんといえば機龍警察シリーズが有名ですが、
今回は非常にシンプルなアクションバイオレンス小説です。

高校生が合宿に出かけたキャンプ場に
半グレ集団と中国人マフィアが乗り込んできて大虐殺。
しかし教師に化けていた女テロリストによって
どちらも殲滅されるというとても分かりやすい展開。
沈黙シリーズを日本を舞台にしてやった感じでしょうか。

アクション映画を見ている人にとっては
ほとんど目新しさのない内容になっているのですが、
とりあえずテンポよく殺しまくるので気楽に読めますね。
ピンチになるのは学生たちに任せて
女テロリストはひたすら容赦なく無双するという
はっきりした役割分けが功を奏したのかも。

敵側に関してはボスですら大して強くない感じですが、
敵が強いとこれだけサクサク殺せなかったでしょうし、
そこはテンポを優先したのかもしれません。
教頭VS中国人、中国人VS黒人のバトルは熱かったですけど。

モブには厳しいもののメインキャラはほぼ死ななかったおかげで
死者が多い割には後味はあまり悪くないですし、
良くも悪くもサクッと読んでサラッと次にいける作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『事故調』伊兼源太郎 感想
事故調
事故調
posted with amazlet at 17.01.07
伊兼 源太郎
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 779,637

人工海岸での陥没事故で幼児が意識不明の重態に。
事故の調査を命じられたのが元刑事の公務員・黒木。
この陥没事故の調査と黒木の生き方の二つが話の軸です。

この黒木、刑事時代のミスが原因で退職したわけですが、
このミスというのがどうしようもない出来事で、
誰も黒木を責めてないのに勝手に辞めちゃったんですよね。
完璧主義が悪い方向へ働いてしまった感じで、
前半は過去の出来事を思い出してウジウジし続けるせいで
読んでいて非常にストレスが溜まる展開でした。

ただ、後半やる気を出してからはそれが反転します。
僅かな手がかりでも諦めないでねちっこく追い続ける。
ウジウジがネチネチに上手くすり替わっていて、
これは現役時代に優秀な刑事と評価されたのも納得です。
そんな黒木が大舞台で真相を明らかにするカタルシスは凄い。
市長も潔いところがあったのは良かったですね。

今回の事件は職員の事なかれ主義が重なった結果ですが、
各職員の対応に共感してしまう部分も多かったです。
「責任取れるのか」と言われると何も言えなくなる。
こういうのは直した方がいいと思う人も多いでしょうけど、
いざ自分で動こうとするととてつもなく壁が大きいですね。
だからこそ黒木みたいな刺し違える人間でもいないと
改善されることはないんでしょうけど…。
上の人間だけでなく下の人間も変える必要がありますし
果てしない戦いになりそうでちょっとげんなりします。
陥没事件については決着しましたけど、
人の業についてはひとまず棚上げという感じですかね。

とはいえ、黒木の前半と後半での反転は痛快でしたし、
お役所サスペンスとして楽しめる作品だったと思います。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『砂丘の蛙』柴田哲孝 感想
砂丘の蛙
砂丘の蛙
posted with amazlet at 16.12.22
柴田 哲孝
光文社
売り上げランキング: 212,828

ロートル刑事が地味に活躍する推理小説。

殺人事件で逮捕され出所した受刑者が出所直後に殺され、
その直後にかつて事件を担当した刑事までもが
殺されかけるという導入部は非常にテンポが良くて、
一気に過去の事件の謎が気になりました。

ただ、それ以降の展開はかなり地味。
ロートル刑事が主人公と聞くとイメージされる通り、
ひたすら足で情報を集める地味な捜査が展開されます。
とはいえ、地味ではあるもののこれはこれで面白かった。
劇的な展開こそないものの着実に話は進みますし、
読んでいて退屈させないところは流石柴田さんですね。
捜査手法こそ地味なものの、神戸や鳥取、島根と
手がかりを探るためにあちこち飛び回りますし、
ちょっとした旅行ミステリー的な楽しみ方も出来ました。

しかしオチに関しては難しさを感じる部分も。
これが現実でもあった尼崎事件に通じる
閉鎖コミュニティ内での大量殺人だったわけですが、
これについては現実の事件の方を知っていると
どうしても現実よりインパクトが少なく感じてしまいます。
小説的には美味しいネタではあるのですが、
扱い方の難しさを改めて実感させられた次第です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学