手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第43話 感想
『たどりついた真意』

ついに決起したマクギリス一派。
しかしギャラル本部は掌握したものの各支部は様子見。
更に宇宙ではラスタル艦隊が健在でまだ状況は読めません。
これだと反乱を起こすのは早まったように見えますが
マッキーにはまだ何か秘策があるようで…。

ここでマッキーの過去が判明。
スラム育ちだったのがファリド公に拾われて
慰み者にされつつも伸し上がったという
物語としてはよくある悲惨な環境という感じでした。
もう少し捻って欲しかった感はある。

ギャラル本部地下に封印されたガンダムバエル。
アグニカの魂が入ったこれこそがマッキーの切り札でした。
早速乗り込もうとするマッキーですが、
そこにヴィダールが現れついに彼の正体が明かされます。
ここでガエリオ以外だったら視聴者大爆発でしたけど
そんなことはなく普通にガエリオの素顔が現れました。
ガエリオは顔の傷のせいで渋くなっているものの、
自分としてはもっとメカ化していると思っていました。
いや仮面の目とかめっちゃ光ってましたし。

ガエリオは育ちのよさ故にマッキーに憧れつつ
本気で親友だと思ってたんですね…。
ガエリオとしては自分を殺したことへの復讐ではなく、
愛情や友情よりも権力を優先するマッキーの生き方を
否定するために戦うという結論に達した様子。
なんだろうこの主人公っぽさ。熱いぞガエリオ。

マッキーとの一騎打ちを望んでいるガエリオですが、
そこに三日月とバルバトスが登場しガエリオと激突。
初手こそ三日月に譲ったガエリオですが、
ついにガンダムヴィダールに秘められた力を解放します。
それは大方の予想通りアインの阿頼耶識システムでした。
アインの脳を解することでガンダムヴィダールは
全開モードの阿頼耶識と同等の能力を使えるらしい。
その言葉に偽りなく、ガンダムヴィダールは
バルバトスに対しても押し気味に戦闘を進めます。

しかしガエリオのことを語るヤマジンさんの顔。
彼女はガンダムヴィダールの謎を知っているようですが、
阿頼耶識のヤバさを知っているのにとても嬉しそうです。
ここの表情だけでヤマジンさんの株が爆上げですよ。

ガエリオの力はマッキーにとっても予想外でしたが、
マッキーもバエルを起動し状況は2対1に。
不利を悟ったガエリオはかつて三日月を
侮辱したことを謝罪し一旦この場から撤退します。
今回のガエリオ、徹底してかっこいいぞ。

バエルを起動したマッキーはギャラルの正当支配者として
自らの力を主張するものの、ラスタル陣営はカウンターとして
ガエリオがマッキーのことを糾弾したところで次回へ続く。

今回でマッキーの計画が明らかになったわけですが、
果たしてバエルの存在だけでギャラルを支配できるのか。
ラスタルの読みどおり失敗というかむしろ敵を増やしそうな?
しかもバエルの中にアグニカがいるというのが怪しい。
なんだかラスボスがアグニカになりそうな気もしてきましたよ。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第42話 感想
『落とし前』

初っ端から鉄華団に押されまくるジャスレイ艦隊。
ジャスレイはイオクと組んで鉄華団を潰す予定だったものの、
肝心のイオクが到着しないせいで予定が狂った模様。
それでも数ではジャスレイ側が上回っているものの、
最前線で戦い続けた鉄華団の練度はレベルが違います。

三日月は相変わらず化け物じみた強さですね。
改造されたバルバトスの隠し腕や尻尾を使いこなして
ジャスレイ側のMSをサクサク落としていきます。
辟邪はハッシュくんが受け継いだのね。
一般兵相手に戦えるようになったのは大したものですが、
流石に阿頼耶識持ち相手だとまだ厳しいか。

ヒューマンデブリ相手の戦いに戸惑うザックですが、
MSパイロットたちの方はまったく気にしていない様子。
感覚的にはザックの方が普通なんですけど、
これは鉄華団がどんどん戻れなくなっていく伏線かな。

ジュリエッタは前回の敗北がよっぽど気になるようですが、
流石に阿頼耶識持ちにはならないと思いたい。
悪魔に魂を売ったってのはヴィダールのことかな。
ヴィダールも本気を出せば三日月並みの化け物なんだろう。

追い詰められてマクマードの泣きついたジャスレイですが、
親父はそんなジャスレイを一蹴します。
イオクの動きが封じられたのは親父のせいだったか。
親父としては制御できない鉄華団が離脱して
しかもジャスレイまで潰してくれるんだから一石二鳥。
とはいえ親父個人としては鉄華団を愚かだと思いつつも
その純粋さには好感を持っているようですけど。

オルガに対して停戦を申し入れたジャスレイですが、
許すつもりの欠片もないオルガはそれを一蹴。
ジャスレイはこの状況で交渉しようとする
プライドの高さが今の事態を招いたことが分かってないな。
まあ土下座しても許されなかったでしょうけど。

哀れジャスレイは三日月に潰されて今回の騒動は決着。
一方、地球ではついにギャラルホルン内での内紛が勃発。
まずはマッキー派の若手将校が
ラスタルをイオクを糾弾するという行動に出たものの、
マッキーの動きを読んでいたラスタルもこれで終わらないはず。
次回は早くもヴィダールが動き始めつつ
マッキーの過去が明かされるようですが、はたしてどうなる?

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第41話 感想
「人として当たり前の」

色々と頼りになる兄貴分だった名瀬が死亡。
名瀬が犯罪者となった今でもその葬式を挙げる
マクマード親父はやはり人情家の親分って感じですね。
しかし組織のリーダーとしてはこうなる前に
名瀬かジャスレイを排除し組織の安定を図るべきだったかも。
案の定、ジャスレイはまだまだ暗躍を続けるようで、
鉄華団も親父もまとめて排除する方向へ動き始めます。

前回の結果に大喜びしているイオク様はですが、
ラスタルはその大雑把なやり方を評価していない様子。
ラスタルとしてはイオク様を切り捨てるか
このまま使い続けるか難しいところでしょうね。

タービンズの生き残り組は親父の下で
今までの事業を継続させてもらえる様子。
親父の温情主義は人間としては共感できますけど、
これは火種を抱え続ける結果になるのでは…。
ラフタとアキヒロの初々しいデートは微笑ましいですね。
しかしラフタのこれ、死亡フラグなのでは。

子供を見て思うところのあった三日月は
アトラちゃんに対してしれっと子作り宣言。
んー、これは最終話で三日月の子供が見られるのか。
アトラちゃんのパニクりっぷりが萌えます。
しかしハッシュくん、最近はすっかりいい子分だなぁ。
ウザキャラ枠は完全にイオク様に移った模様。

ジャスレイの次の一手はラフタ暗殺。
ラフタ、生き延びるかと思ってたけどダメだったかー!
ここまで煽られると鉄華団としては黙っていられない。
ついにオルガはテイワズから離脱し、
マッキーの支援のもとジャスレイを討つことを決断します。
ジャスレイとしては思惑通りなんでしょうけど、
予告を見た感じでは鉄華団の予想以上の戦力に
あっさり叩き潰されそうにも見えますが…。
イオク様もマッキーに動きを封じられそうですし。
ともかく次回の戦闘が楽しみですね。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第40話 感想
『燃ゆる太陽に照らされて』

お尋ね者になった名瀬はタービンズの解散を決意。
そして親父はタービンズの援護こそできないものの、
タービンズの残党の世話を引き受けることに。
ここらへんの落としどころは事前の予想通りですね。

今後の対応に苦悩するオルガ。
鉄華団としてはタービンズを助けることはできず、
それが分かっているからこそオルガも苦しいところです。
そこで一計案じたのがアキヒロとシノ。
あくまでたまたま現場付近にいたアキヒロとシノが
民間人を救出するというスタンスで方向で
タービンズのもとへ向かうことになりました。
なんだかんだでシノたちも成長してるなぁ。

時間稼ぎをするために残った名瀬とアミダ。
ひとまずイオク様艦隊に停戦信号を撃ったものの、
イオク様はそれを無視して攻撃開始。
しかも禁止兵器で輸送艦を狙うという容赦なさ。
イオク様、視聴者の忍耐を試す存在になりつつあるな。
ようやく装甲を軽々と貫く飛び道具が出てきましたけど、
ビームではなく質量兵器なのが鉄血らしいですね。

ギャラルの物量に押されるラフタたちですが、
そこにアキヒロたちが到着しなんとか戦線離脱。
アキヒロ、なかなかのヒーローっぷりだ。
一方、アミダはジュリエッタの一騎打ち。
新型を駆り戦意十分なジュリエッタですが、
それでもまだアミダの方が一枚上手か。
ジュリエッタは戦闘キャラなのに戦闘ではいいところがない。

しかし予想されていた結末を変えることはできず、
イオク様をびびらせながらも名瀬とアミダは戦死。
ジュリエッタは今回の一戦を糧に少しは成長するのかしらん。
イオク様はもう手遅れなので派手に戦死するしかなさそう。

来週は葬式回かー。
テイワズ内での組織再編がありそうですけどどうなることやら。
ラフタたちは鉄華団に吸収されるんでしょうけど、
名瀬が死んだことでオルガの負担はますます増えそうだなぁ。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第39話 感想
『助言』

鉄血2期の後半開始です。
タービンズ組がタービンズに帰還。
アキヒロとラフタのフラグはどうなってしまうのか。
そしてこのタイミングでOPもチェンジ。
花のイメージが強い曲ですが、こういう作品で花だと
どうしても散るものという印象が強いですね…。

イオク様、また余計なことをする。
自分の失態で部下を失ったのに
なんで鉄華団のせいみたいになってるんですかね…。
この調子でやらかし続けるとイオク様だけじゃなく
作品全体の印象まで悪くなってしまいそうです。
ラスタルはイオク様というよりはイオク様を含んだ
クジャン家の士気の高さを買っているようですが、
そろそろ手綱を引き締めないとしっぺ返しを食らいそう。

ヴィダールの目的はマクギリスを理解すること。
もともと正体はバレバレでしたけど
ますます正体を隠すつもりがなくなってきたなぁ。
一方、マクギリスもヴィダールの正体に気付いたようで、
本気でギャラルホルン内での革命に乗り出す模様。
しかし2期のマッキーは醜態も多いので心配です。

タービンズの過去話。
これ自体は割とよくあるいい話でしたけど、
このタイミングで話されると死亡フラグにしか見えないぞ。
そして案の定一斉摘発を食らったタービンズ。
名瀬、こうなる前に先手を打てなかったのか。

タービンズを援護しようとするオルガですが、
名瀬はそれを断り逆にオルガを激励します。
ここまでやって名瀬が生き延びる道はなさそうですし、
後はタービンズ組がどれだけ生き延びれるかか。
流石に全滅ってことはないと思いますが…。
親父が黙ってタービンズを切り捨てるかも気になるところ。
タービンズを救うことはなさそうですけど
タービンズの後釜に鉄華団を据えるぐらいのことはありそう。
このゴタゴタの結末が早く見たいですね。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック