2012/12/19

『難民探偵』西尾維新 感想

難民探偵 (100周年書き下ろし)難民探偵 (100周年書き下ろし)
(2009/12/11)
西尾 維新

商品詳細を見る

久々に西尾さんの作品を読んでみる。

西尾作品といえば独特な台詞回しが特徴ですが、
今回は一般小説ということでそこら辺は控えめ。
キャラの個性も控えめで普通の推理小説っぽい。
そういうところは普段の西尾さんの本より
読み易くはなっているのですが、そのせいで
作家としての個性まで殺してしまった印象です。

序盤のキャラ語りの部分は面白かった。
よくいる就職浪人生の苦労をテンポよく面白く
描写しているのは流石だと素直に感心です。
若さゆえ自惚れてるところとか妙にリアル。
証子が富豪作家のお手伝いになるという
シチュも出鱈目でワクワクさせられました。

探偵とネットカフェ難民という組み合わせも
今風の新しさでいいところを突いてきたなと。
まあ、ネカフェ難民という新しさ以外は
なんだかごく普通の探偵でしたけど。
昔からいるめんどくさがり探偵やでこの人。

肝心の事件やオチも盛り上がらない。
ネカフェでの殺人という地味な事件を
最後まで地味なまま描写してしまった感じか。
二人の犯人に対する揚げ足取り的な考察は
西尾さんらしさが感じられましたけど…。
証子が違和感を覚える場所があからさまなので
大抵の人はオチまで読めるのではないかと。

一般小説だからってちょっと押え過ぎたかなぁ。
メフィスト作家なんですし舞城さんみたいな
ぶっ飛び方を狙って欲しかったところ。

コメント

非公開コメント