2012/12/09

フォルクスワーゲン up! 試乗感想

ぐぬぬ、流石はVWである。

というわけで今更up!に試乗してきました。
この車の評判の良さは聞いていたものの、
このサイズでこの価格ということもあって
所詮は出来のいい軽自動車程度じゃネーのと
それほど期待せずに乗ってみたのですが。

その結果が一行目の敗北宣言ですよ。
軽自動車どころかコンパクトカーと比べても
並みの国産車では歯が立たない気がします。
値段は高めと言ってもこの質感なら納得。

まずドアの重厚感からして違いますね。
重くてシャキッと閉まるあの感触。
小さくてもしっかり外車のドアしてます。
この時点でおおっと思わされました。

内装はプラスチッキーですが樹脂の質感は
悪くないですし触った感じでもペラくない…
というか樹脂なのに妙にガッチリしています。
コツコツ叩いてみた印象では結構分厚そう。
癖のあるパネル類は好悪が分かれそうですが、
私的にはこういう遊び心は嬉しいです。
ポルテのデザインはやり過ぎですけどね…。

車内の広さは車体相応レベルですけど
4人で乗るなら問題ないのではないかと。
後ろの窓がヒンジなのはコストダウンではなく
ドアに窓が入らないからだと聞いて噴いた。
いやまあ確かに入らないですけど。
ドアミラーが小さいのはちょっと不安かなー。

シートは平板で一見しょぼい印象ですが、
奥が硬く座り心地はしっかりしていますし、
サポートも見た目ほど悪くなかったです。
特に腰をしっかり支えてくれるのが好印象。
これは長距離でも問題なさそう。

日本では聞き慣れないミッションである
ASGは流石に癖があって戸惑いますね。
変速ショックは初体験だとギョッとします。
ショックはアクセルワークで緩和できますし
そういうところが面白くもあるのですが。

足回りやボディ剛性は素晴らしいの一言。
小さな塊がスイスイ走っていく感触があって
高速やカーブでも全然怖くなかったです。
新型スイフトも剛性感がありましたけど
それと比べてもワンランク上回ってる印象。
エンジンは1000ccですがパワーは十分。
もちろん急な坂道はきついですけど、
1200や1300でも似たようなもんですしね。

何気に一番驚いたのは静粛性。
エンジンは3気筒の割には静かですし、
風切り音やロードノイズも抑えられてます。
こういうところも上質感がありました。

まとめ。
素直にいい車だと思います。
ただ、ASGの癖やヒンジ式リアウインドウ、
大きさなりの広さのことを考えるとやっぱり
日本で大ヒットとまでいかないでしょうね。
外車ゆえの故障時の出費も気になりますし、
そこら辺を分かってる人にはお勧めかな。
外車乗りでセカンドカーに軽を選ぶのが嫌!
という人にはいい選択肢が出来たのかも。

コメント

非公開コメント