2012/10/27

『倉野くんちのふたご事情』体験版 感想

公式はこちら。
『倉野くんちのふたご事情』応援中!
穏やかな萌えゲーを作り続けるCUBEの新作は
主人公もヒロインも全員双子な双子ゲー。
うん、この発想はなかった。
なかったけどどうなるんだこれは?
というわけで早速体験版を触ってみたのですが。

……なんだこのハーレムゲー!!

と叫びたくなるほど初っ端からハーレムでした。
年上の姉二人は主人公を食おうと積極的に
襲ってきますし同い年の姉もツンデレながら
好感度は最大、妹二人も最初からベタベタです。
あとは主人公が手を出すだけって状況ですね。

ストーリーとしては両親が離婚することになり、
姉妹の中で一人だけが主人公と一緒に母親に
引き取られることになったためその一人を
決めるために姉妹が争奪戦を繰り広げるという
ハーレムハーレムした内容となっています。

イベントも萌えシチュのバーゲンセールなので
ニヤニヤできるゲームなのは確かなのですが、
完全にハーレム特化なので少し人を選ぶ気も。
好感度が低い状態での駆け引きが好きな人や
ちやほやされまくるのが苦手な人向きではない。
ハイテンションなギャグゲーとは別の意味で
頭空っぽにして楽しむゲームという感じですね。

ヒロインである年上双子、同年姉、年下双子は
上から順におっとり腹黒、元気系、ツンデレ、
弱気、クールというエロゲでは定番の配置。
定番だけあって各ヒロインの会話も自然で
サクサクっと読み進めることが出来ました。
主人公争奪戦という状況もシンプルで楽しい。
でも主人公と双子の姉が同じ部屋にいるのは
性的な意味で拷問じゃないかと思った。
主人公さん聖人過ぎるんじゃないですかねぇ。
あと4女ちゃんは天使だと思う。

まとめ。
姉妹とイチャイチャハーレムゲー。
それぐらいしか言うことがないのですが、
シンプルであるが故に安定感のある作品です。
このメーカーらしいゆるい雰囲気も健在ですし
買う側としては買い易い作品ではないかと。

ただ私としては血縁がある割に積極的な
作品にはちょっと引っかかる部分があるので
今回は様子見ということになりそうですね。
ハニカムの新作の方の妹も積極的でしたけど、
あちらは妹だけが売りという訳ではないので
どちらかといえばあっち優先で考えています。

コメント

非公開コメント