2012/10/05

『恋色マリアージュ』体験版 感想

公式はこちら。
ま~まれぇど新作第7弾『恋色マリアージュ』
「まーまれぇど」といえば私の中では
新興メーカーという印象だったのですが、
いつの間にか今回で7作目になるんですね。
そりゃ年を取るわけだ(最近こればっか

そんな「恋色マリアージュ」の体験版の感想。
なんか最近中堅メーカーは旅館物ばっかり
出してるなぁと思ってたらこれもそうでした。
でも私的には今のところ結構好感触かも。
旅館物エロゲーって田舎が舞台なもの多くて
まったりし過ぎているものが多いのですが、
これはドタバタ重視なのが良かったのかも。
キャラや舞台の設定を次々とイベントを
起こしながらテンポ良く説明していますし、
最後まで退屈せずに楽しむことが出来ました。

主人公はオープンスケベではあるものの、
旅館の跡取りとしての英才教育のおかげで
スペックは高めですし仕事は出来る奴ですね。
道化っぽい振る舞いの影で気付かれない
気遣いを出来るところもなかなかイケメン。
癖は強いので好き嫌いは分かれそうですが
私的には普通の主人公よりは好みですね。

ヒロインも全員可愛くていい感じ。
メインである美穂乃は主人公の変態っぷりに
引きながらも少しずつ打ち解ける描写が丁寧。
一歩間違えればウザくなりそうなツン要素も、
主人公が上手く対処しているおかげでヘタレが
強がっている微笑ましさに変換されています。
婚約者という設定があるだけに他のヒロインの
ルートでの扱いが気になるところですが…。
あと横とか斜め向いてる立ち絵が可愛い。

幼馴染のねここは馬鹿可愛い。
主人公の嫁になると公言してるのに
いつも軽くかわされている不憫な娘ですが、
このパターン化した流れに実に癒されます。
この娘はこの娘で振られた後の展開が気になる。
あとハート打ち抜かれてるギャグ絵に萌えた。

妹キャラであるルリアはちょこっと出ただけ。
でもその分、第二の婚約者というインパクトを
見せて体験版を切ったのはなかなか上手い。
でももうちょっと見せても良かったかも。

久遠さんは一歩間違えればサブの立ち位置。
美穂乃の世話役で有能なお姉さんという
立場からどうやって主人公を寝取るのか
微妙に気になるところではあります。

まとめ。
予想外にテンポのいいコメディだった!
日常シーンが地味ながら面白い作品は貴重。
美穂乃の主人公に対する好感度が
ゼロからジワジワと上がっていく様子は
ラブコメとして王道でニヤニヤできました。

ただ、私的にツボなヒロインがいないので
購入確定までにはもう一押し欲しいかな。
でも10月は候補が少ないので買うとしたら
これになるかも…という感じですかね。

コメント

非公開コメント