2012/09/23

機動戦士ガンダムAGE 感想

終わりましたね。
途中で何話か見逃してしまったものの
一応一年通して視聴完了したので感想をば。

・フリット編
コロニー内で戦争ごっこしてたところや
ユリンが死んだところは覚えている。
しかしMSの動きはもっさりしてたし
見ていて爽快感のあるほうではなかった。
この時点では魔少年が3代続けて登場して
ラスボスになると思っていました。

・アセム編
アセムの扱いは面白かったですね。
序盤のコンプレックス丸出しなところとか
今後どうなるのかワクワクしてました。
ウルフさんの兄貴っぷりも良かったです。
フリットは親父としては失格でしたけど
出撃してからの無双っぷりは燃える。
やはり元主人公が強いのはいいですわー。
でも魔中年もあっさり消されたなぁ。
ゼハートの色々とスッキリしない行動は
この頃から続いていて3世代目では…。

・キオ編
やっぱりキオが一番地味だなぁ。
よくあるいい子ちゃんで収まってしまった。
フリットお爺ちゃんますます大活躍という
感じでしたけど最終話ではようやく改心。
ゼハート+レギルスがまさかの秒殺は
リアルタイムで見てて噴出しました。
総司令官が切れて出撃して瞬殺て。
これはガンダム史に残るウッカリです。
さっきフラム死んだばかりやで…。
反面、キノコの死に方は熱かった。
たまに熱いシーンがあるのがガンダムAGE。

最終回は完全にフリットメイン。
なんだかんだでフリットが自分の
憎しみを克服する話だったんだなと。
そのせいでラスボスさんの扱いが
凄くおまけっぽくなっていましたけどね。
四方八方から撃たれまくる姿は哀れ。

最後のガンダム記念館はギャフン。
Cパートで何かあるのかと思ってたら
オチが渾身のギャグってどうなんだ。
100年の物語の決着なんだからもう少し
感無量になれるような展開が欲しかった。

まあそんなAGEですがツッコミまで含めると
盛り上がる作品だったような気もします。
他の感想サイトを見るのも楽しかったですし。
あとはスパロボでの扱いに期待ですかね。

コメント

非公開コメント

トラックバック

機動戦士ガンダムAGE 第49話「長き旅の終わり」

三世代100年(?)が売りだった作品ここに終了~。 1年間長かったですね!  4クール作品というのは見続けるうちに、なんだこれ?って登場人物が居ても、 しだいに馴れていって