2012/09/23

仮面ライダーウィザード第4話 感想

「人形とピアニスト」

朝からコヨミに魔力を注入する晴人。
アニメなら薄い本のネタにされそうですね。
朝御飯のシーンを見てもコヨミは普通に
食事することができないようですし
コヨミ=人形なのはほぼ確定ですかね。

今回のファントムは軽薄なマッチョで
雑魚なのにキャラが立ちまくりですね。
こいつが幹部でも面白かったかも。
リキッドはバイオライダー並みに無敵ぽい。
まあ炎には弱そうですけどそれ以外は
とりあえずコレ使って凹ればいいのでは。

ピアニストの絶望関連にはまだまだ
裏がありそうですけど今回はコヨミが
メインなせいでいまいち存在感が薄い。
凛子刑事は一般人にしては機敏に動いてて
役に立っていますが、そんなところも
コヨミにとっては気に入らない様子。
コヨミはちょっとヤンデレ入ってるなぁ。
だがそれがいい。

メデューサに見つかったコヨミは
魔力を吸い取られてあっさり死亡。
まあもともと死んでるんでしょうけど。
とりあえずコヨミに魔力を注入して
生き返らせた晴人ですが、そのせいで
戦闘中に魔力切れになりピンチに…
というシーンで次回へ続く。

魔力切れがあるのは面白い設定ですけど
これからもちょこちょこ出るのかな。
無制限に魔法を撃ちまくるのよりも
戦闘に緊迫感が出そうなんですけど。
コヨミはめんどくさい性格ですが、
そこが可愛いと思うのは私だけですか。

コメント

非公開コメント