2012/09/21

じょしらく第12話 感想

・夢見の仇討ち
とりあえず巨大門松の伏線回収。

ククルに初夢を見せてあげよう!
ということで子守唄を歌う4人ですが
謎の暗さで呪いの歌っぽい雰囲気に。
嫌がらせか。嫌がらせなのか。

マリーさんとガンちゃんの変顔は
アニメの女の子としては失格レベル。
父親のリストラフラグは妙にリアルです。
オレゴンは元ネタがあるのだろうか。
ググッたらそれっぽいのが出ましたけど。

携帯小説なつかしい。
文章がアレだった印象しかないですけど。
てゆーかアニメ化も夢かよ。

楽屋の中の楽屋って表現面白いなぁ。
縁起物でククルを元気付けようとしている
4人が例によって馬鹿にしてるようにしか。
野菜→細胞→元素→放射能オチは上手い。

・こあいのう
アマンドがお絞り発祥の地なのかー。

ママンかっけー。
モンスターが現れた!みたいな雰囲気だ。
怖さだけならでかいバラの方が怖いです。
テレ朝の守護石。
守護石という割にはこれまた妙な怖さが。

宇宙めだかの子孫がそんなところに!
カルガモも食ったり食われたり大変だな。
都条例が一番上というのは何とも。

バブル時代に行く映画あったなぁ。
バブルの狂騒は一度は体験してみたい。
実際に体験した人にとってはまさしく
泡のように思える時代かもしれない。
ちょっと切ない。

・青毛
忍者は何人じゃーはちょっとツボ。
しかしこの衣装、腋が丸見えなのは良い。
あ、お股が危ないのはどうでもいいです。

白い霊より白い防護服、
赤い屋根のアパートよりもドジョウ政治家、
ラップ音よりKPOPの方がずっと怖い。
コンビニとかでもKPOPよりアニソンの方が
よく流れているような気がするのですが。
しかしガンちゃん楽しそうだな。

青い部屋とか病みそうだなぁ。
まりえもん→オスプレイは酷い。
キグちゃんしかりのび太やってるのね。

青い髪で綾波ってもう30代な気が。
新作から入ったなら若いでしょうけど。
そして安心のケツの青いマリーさんオチ。

じょしらくもいよいよ次で最終回。
最近じゃTVで13話やるって珍しい気が。
こういうところも時代の流れを感じます。

コメント

非公開コメント

トラックバック

じょしらく 第12話「夢見の仇討ち/こぁいのう/青毛

サイズ間違えましたネタはもう止めてw  門松にも巨大サイズとかあるんでしょうか?(´▽`*) 今回はまた新年の話と、ギロッポン探訪、クールビスの話です。 1話の中ですら季