2012/09/10

仮面ライダーウィザード第2話 感想

「魔法使いになりたい」

昨日見れなかったので今更感想です。

とりあえず国家安全局ゼロ課の人が
分かりやすい硬物上司っぽくて笑った。
北條さんのように後半化けるんだろうか。

魔法使いに憧れる青年・瞬平。
最近の子供は~とか言ってましたけど
私が子供の頃でも魔法はなかったわー。
ウィザードは今のところ強いなぁ。
積極的なフォームチェンジや魔法の多さ、
晴人の余裕のあるスタイルも相まって
久々に強キャラライダーという印象。

弟子になりたがる瞬平は若干うざい。
平成ライダーではお約束の三枚目ですが
ここまでベタベタするのは珍しいかも。
のらりくらりと拒絶するところを見ると
晴人は割とおっとりした性格っぽい。
飄々とした苦労人という点では
歴代主人公だと映司に近いのかな。

凛子刑事は一般人なりに事件を追うのね。
警察が絡んで来そうなのは面白い展開。
誰かを守りたいのは晴人と同じという
発言とそれを認める晴人の関係がいい感じ。
銃弾をマントで防ぐウィザードかっけぇ。

そしてお約束のバイクバトル。
序盤だけあって派手に車を転がしてます。
身軽な曲芸ノリは魔法使いというより
曲芸師みたいですけど派手さはある。
バイクは爆発したものの爆死シーンが
ないところを見ると止めは次回でしょう。
まあ例年通り前後編なら当然ですが。

そして次回、ますますウザさが
加速することになりそうな瞬平くん。
この流れなら目を覚まさせるために
一発ぶん殴るぐらいは許されるで!

コメント

非公開コメント