2012/09/09

日産・ノート 試乗感想

ダウンサイジングターボが話題の
新型ノートに試乗してきました。
グレードはスーチャー付きのX DIG-S。
ディーラー的には一番売れ線らしいです。

座ってみた感じではメーターやハンドル、
シートの位置は問題なかったのですが、
シートの座面が若干短めだったような気が。
形状のせいかもしれませんが少し太ももが
浮いているような感触がありました。
サイドや腰のサポートは良かったですけど。

内装の質感はイマイチ。
メーターは綺麗ですし樹脂の表面にしても
安っぽさのない作りにはなっているのですが、
全体としてみると妙な違和感がありますね。
砂丘をイメージしたという流れるような
ラインは悪くないものの、それだけに
マーチと同じまん丸エアコン口が目立つ。
どうせならここも凝って欲しかったなぁ。
メーターは綺麗で高級感があるんですけど
逆にそのせいで浮いてしまっている感が。
新型ミラージュと比べた場合、一つ一つの
部分の質感では勝っているものの、全体の
纏まりでは劣っているように感じました。
まあ好みの問題ではあるでしょうけど。

でも広さに関しては流石の一言で、
直前に乗ったポルテと比べて高さこそ
劣るものの、前後の余裕はほぼ互角。
後席は余裕で足を伸ばすことが出来ます。
ラゲッジルームの広さも十分なのですが、
ラゲッジボードがオプションなのは惜しい。

さて一番の売りであるスーチャーですが。
3気筒の振動はかなり抑えられていますし、
パワーに関しても常識的な速度の範囲では
それほど不足を感じることはなさそうです。
低速での出足のよさは1200であることを
感じさせませんし、速度が乗ってからも
スーチャー補正で力不足は感じません。
ただスーチャーが動く直前ぐらいになると
苦しそうで排気量の少なさを感じますね。
流れの速い国道とか弱点になるかも?

足回りに関しては文句なし。
直前に乗ったポルテもミニバンにしては
機敏でしたけど流石にこちらはそれ以上で、
カーブでも機敏に曲がってくれます。
正直この足回りが一番感心した部分かも。

車としての出来は悪くないのですが、
ここで問題となってくるのが価格の高さ。
ポルテも高いですけどあっちはまだ
ミニバンだからと誤魔化せなくもないです。
しかしノートはコンパクトとしては
明らかに高めで、売れ線であるはずの
X DIG-Sが他車の上級グレードレベル。
いくら大きめで燃費がいいといっても
価格が上がって装備が劣っていては…。
せめてオートエアコンと横滑り防止装置が
X DIG-Sに標準装備なら良かったのですが。

まとめ。
流石に最新型だけあって燃費でも走りでも
バランスよく戦える車だと思います。
しかしコスパの非常の良かった先代と
比べると価格が高く、ティーダに比べると
質感に劣る印象があるのが難しいところ。
フィットがモデルチェンジでサイズ、
価格を維持したまま燃費を上げてきたら
押されることになりそうな予感がします。

ただ、この微妙な大きさと広さは微妙に
他の車とは競合しにくいところにあるので
意外と需要があるな気もするんですよね。
今後の売り上げが楽しみな車ではあります。

コメント

非公開コメント