2012/09/02

仮面ライダーウィザード第1話 感想

「指輪の魔法使い」

満を持しての新ライダー開始です。
魔法というとマジレンジャーのイメージが
強いですが、どう差別化してくるのか。

最初から魔法を使いまくるのはいいですね。
色々召喚できるのは便利そうで羨ましい。
OPに乗せてのアクションシーンは話の
流れとしてはいいのですが、OPの歌詞は
ほとんど聞こえなかったのは残念です。
主人公含めて全体的に滑舌が弱い気がする。
まあライダーでは良くあることですが。

今回の主人公・晴人はお気楽そうに見えて
結構重いものを背負ってそうなのは王道。
自分を最後の希望とか言っちゃう辺り、
最初からヒーローとしての自覚はありそう。
敵と同じ力を持っているというのも
実に仮面ライダーらしい設定です。
ヒロイン・コヨミはフォーゼとは逆に
大人しそうなタイプですが可愛いので良し。
今回のマスコットおもちゃはプラモか。
フードロイドよりは子供受けするかな。

今のところ敵幹部は二人。
メデューサはなかなかクールですけど
フェニックスさんは小物っぽ過ぎるなぁ。
いやこういうチンピラキャラ好きですけど。
メデューサはちょっとメズールっぽい。

ミノタウロスの正体が刑事だったと判明し、
颯爽と登場した晴人は変身して戦闘開始。
なんかここ最近のベルト音声はテンションが
高過ぎていまいち緊張感がないのは残念。
ヒーヒーは思ったより悪くなかったですが。
ベルトのダサさはどうしようもないですが
手を当てるアクションは良かった気がします。

戦闘は銃剣メインですけど1話から
キックで決めてくれたのは良かったです。
爆発シーンで紋章が出るのはやっぱ好き。
フォームチェンジも積極的に見せてますけど
これは上位フォームが出るのも早いのかな。

ライダーでもすっかりお馴染みになった
巨大モンスター戦ですけど私的には
これやるよりも等身大バトルで
ガンガンCG使って欲しいんだよなぁ。

駆け足気味な内容でしたけど1話で
きっちり終わってくれたのは爽快でした。
前後編はボス回ぐらいでいいと思います。
ちょっと薄味な気もしますが久々に
正統派ヒーローっぽいのは大歓迎ですね。

今回のメイン脚本家であるきだつよしさんは
響鬼の前半も担当されていましたけど、
あちらでは自由に出来なかったらしいですし、
今回は頑張っていただきたいところです。

コメント

非公開コメント