2012/06/24

『FaintTone』体験版 感想

公式はこちら。
FaintTone|Reon
新メーカーReonのデビュー作である
FaintTone体験版をプレイしてみました。

ジャンルに都会と田舎択一ADVとある通り、
序盤で都会か田舎に分岐するのが大きな特徴。
ここから2ルートに分岐して更に個別ルートに
分岐していくのか、それとも再び合流するのか。
体験版では都会ルートしか選べないので
最終的な流れはいまいち読みにくいですね。

ただ、都会ルートしかプレイできないので
ヒロインのうち半分がまったく登場しないのは
体験版としては物足りないところです。
都会ルート自体は結構長くていいところで
切っているものの、これなら多少削ってでも
田舎ルートも触れた方が良かった気がします。

シナリオやテキストの雰囲気は何と言うか
ちょっと古めのエロゲをプレイしている感じ。
主人公が妙に尊大だったりヒロインがやたらと
ギスギスした態度で接してきたりするのは
結構叩かれたせいか少なくなってきているので
逆に新鮮な印象を受けながらプレイできました。
いや別に褒めてるわけじゃないですが。
キャラが主人公の思考を呼んだ対応をして
「エスパーか!?」という流れも古いですけど
これが何度か繰り返されるから困る。

絵に関しては単体で見ると悪くないものの
複数絵師で丸顔タイプと細顔タイプが
混在しているのでどうしても違和感があります。
最初に幼馴染と親友が並んでるのを見たときは
クリックを止めてじっくり見てしまいましたよ。
もう少しバランスを考えて欲しかったかも。

体験版で出てくるヒロインは
幼馴染の音羽と義妹の鈴萌の二人のみ。
前述したとおり都会ルート限定の弊害ですね。
音羽は非常に出来た娘で主人公への対応の
安定感がお母さんレベルに達しています。
多少切れてもいいぐらいだとは思いますけど。
一方で鈴萌は音羽への対比を狙ったせいか
ツンツンし過ぎててちょっと辛いレベルでした。
ギャグでツンツンしているのならいいのですが
主人公の方も本気でイラついていますし
作品自体の空気まで悪くなっているような…。
味見しない料理を押し付けるところを含めて
アウトな行動が多過ぎたような気がします。

まとめ。
やっぱり主人公と義妹のやり取りが微妙。
その結果、萌えシーンは少なくギスギスした
シーンばかりが多い学園物というターゲットが
よく分からないゲームになっちゃったような?
緩衝材となるはずのヒロインが少ないことも
悪い方向へ影響しちゃったような気がしますね。

これはもう田舎ルートがほのぼのであることを
祈るしかない気がしますがはてさて…。

コメント

非公開コメント