2012/06/03

仮面ライダーフォーゼ第38話 感想

「勝・者・決・定」

前回、汚い手段を使ったユウキが
最終試験に残ったことで怒り狂うエリーヌ。
無駄にテンションの高いユウキもアレですが
エリーヌ切れっぷりも危ないレベルです。
まあこれでエリーヌが冷静なキャラだったら
それこそユウキに勝ち目がなくなるわけですが。

ユウキが残った理由を理事長に尋ねた弦太朗。
その馴れ馴れしい態度をちょっと嫌がっている
理事長ですがそれでも審査員に会えるよう
計らってくれるところは地味にいい人なのか。
しかし立神は弦太朗の態度が許せないようで
適当にフォーゼを凹って川へ叩き込みます。
なんかストレス解消のために襲った感じだな。

一方、イライラしているエリーヌもそこらの
一般人を襲い出してメテオと戦うことに。
エリーヌさん、こんなにストレスに弱くて
宇宙でやっていけるのかとても心配です。

どうしてもユウキのことを許せず最終試験の
登山中にユウキを突き落としたエリーヌ。
しかし弦太朗によってユウキがカメラを隠した
理由を知ったエリーヌは反省してユウキの
怪我を治し、皆で一緒にゴールすることに。

仲直りはしたものの、理事長を裏切れない
エリーヌはフォーゼと戦って瞬殺されました。
どうやら両肩の水瓶を砕けば良かったらしい。
敗北したエリーヌですがとりあえず記憶を
消されて放り出されるだけで済んだようです。
最近ダークネビュラが便利な記憶消去装置扱い。
先生や鬼島も記憶消去で良かったような。

うーむ、ユウキにいいところがあるのは
確かですけど努力不足なのは明らかですし
そこを曖昧にしたせいでスッキリしない。
ユウキもエリーヌもお互いの欠点を反省して
お互い努力するオチの方が良かったような。
直前のJKの話が割と真面目に夢について
考えている内容だっただけにどうにも軽さを
感じてしまう話になってしまった気がします。

コメント

非公開コメント