手を出したものの感想を書き溜める場所
『Rewrite:SIDE-R』第3巻 感想
Rewrite:SIDE-R 3 (電撃コミックス)Rewrite:SIDE-R 3 (電撃コミックス)
(2012/05/26)
Key

商品詳細を見る

SIDE-Rもいつの間にか3巻目となり、
絵も話もますます安定してきた印象です。
3巻目ということで表紙は会長かと思いきや
何故か静流が担当になったのはちょっと意外。
今回の内容としては

ツチノコ捜索
咲夜登場
しずルチアとコメディ
ちはや&咲夜とドタバタ
鳳家訪問+謎の少女出現

という5話分が収録されています。

ツチノコ捜索では満を持して津久野さんが登場。
ゲームで立ち絵がなかったもののコミック版では
なかなかの眼鏡美人として描かれています。
堅そうな見た目に反してお茶目なのもいい感じ。
あと相変わらずグータラな会長と読唇術を
疲労する静流がやたらと可愛かったです。

咲夜は安定の咲夜っぷり。
初登場時は完璧イケメンっぷりを見せつつ
毒舌と謎をばら撒いていきましたけど
この本の後半では結構崩れていましたね。
咲夜の瑚太朗への毒舌は見てて面白いので
これからもドンドン出てきて欲しいところです。
地味に可愛い井上の出番が多いのも良かった。
ホント優遇されてるわこの娘は。

しずルチア編はルチアも可愛かったんですけど
それ以上に静流の可愛さが印象に残りました。
ってかこの作者さん、最初は頭身高めな絵で
デフォルメ絵がいまいちかと思ってたんですけど
どんどんロリ絵が上手くなってる気がします。
ちっこい静流の可愛さが見事に増幅されてる。

メインがちはやになると何だか凄く普通の
ギャルゲーをプレイしている気分になる不思議。
瑚太朗との絡みが一番ラブコメだからだろうか。
小鳥さんはふしだらNGだし会長はおっぱいだし
静流はマスコットだしルチアはバトルだし…
と考えると一応分担は出来てるような気も。
あと、いまみーが地味に存在アピール。
重要キャラではあるのですが日常メインだと
出番がない限りは忘れられちゃいますからね。
そして謎のフードマン、謎の少女ときて
リライト能力を使ったところで次巻へ続く。
吉野の出番が津久野さんより少なかったですが
そこは次巻で挽回してくれるだろう。

おまけ漫画はFDに先駆けて水着編。
お腹のお肉を気にする会長がひじょーにグッド!
瑚太朗はセクハラ多過ぎもっとやれ。

そんな感じでますます満足度の上がった3巻目。
最初は川上さんの絵って可愛いというよりは
綺麗な印象だったのですが、最近は可愛さと
綺麗さのバランスが取れてきたと思いますし、
漫画としても読みやすくなってきたような気が。
次巻でも会長への激しいセクハラに期待です。

テーマ:『Rewrite?リライト?』 - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック