2012/05/14

『創刻のアテリアル』 感想

公式はこちら。
「創刻のアテリアル」応援中!
ゲーム性重視のエロゲーを作り続けるエウシュリーの新作。
発売日にゲットしてようやくクリアすることが出来ました。
今回は全ヒロイン攻略ではなく天使、人間、悪魔、EXという
主要ストーリーラインを終えた時点での感想となります。
流石にこのシステムで全ヒロインコンプは厳しいですわー。

ゲームとしてはカード要素という新システムの割には
まとまっていたと思うのですが、何週も楽しめるような
深みは少なく、3周目4周目は精神的にきつかったですね。
一応、カード集めや育成に関してはまだ先があるものの、
私としてはそこまで惹かれるものでは…という感じです。
カード好きや収集好きな人にはどうなんだろうか。

更に周回プレイの壁となるガッカリ機能が二つ。
それはデッキ固定のイベント戦闘と自動戦闘AIのお馬鹿さ。
周回を重ねてデッキを強化してサクサク進んでいても
イベント戦闘で引っかかるのはなかなかストレスでした。
自動戦闘は周回するには非常に便利な機能であるだけに
ちょっと強い雑魚相手だとあっさり負けてしまうのが残念。
せめて前衛後衛判断やスキル使用ぐらいして欲しかった。
まあそれだとAIデバッグだけで大変そうですけど。
ルート分岐まで飛ばす機能も欲しかったかも。

シナリオは神採り以上の物を作ろうと気合を入れたのか、
天使、人間、悪魔というメインストーリールートに加えて
女性キャラほぼ全てに個別エンドがあるという充実っぷり。
前作の魅力的が多い割に個別ルートが少ないという声に
頑張って応えようとしたのが見て取れますね。

でもシナリオの内容は良くも悪くも古いラノベチックで、
全体的に衝撃的な展開や緊迫感に欠ける傾向があります。
天使、人間、悪魔という分け方も王道ではあるものの
流石に最近は陳腐化してきて目新しさはないですし、
神採りよりもシリアス寄りで壮大な雰囲気はあるものの、
元々エウがシナリオ重視なメーカーではないこともあって、
今回は随所でちょっと無理しちゃってる感があります。
個人的には神採りぐらいのシンプルなシナリオの方が
ボロが出にくくてエウ向きなんじゃないかなと思います。

個別ルートの作りに関しても前作の方が良かったかなー。
前作が3ヒロインがそれぞれのルートの花だったのに対し、
今作は3ルートとヒロインが別で何だかスッキリしない。
一応、各ルートにメインっぽいヒロインはいるのですが
それでも前作よりは存在感が薄いですし、それ以外の
ヒロインは個別ルートがあってもストーリー上での
活躍度は低くサブヒロインっぽい印象すらあります。
天使、人間、悪魔の各ルートで攻略できるヒロインの
割り当てにも物足りなさがありますし、ここはもう少し
練り込んで作って欲しかったところではあります。

こう書くとヒロインがやたらと地味に感じられますが、
どのヒロインも小さなイベントはちょこちょこありますし
キャラとしては結構気に入っている娘も多いんですよね。
それだけにメインストーリーとキャラ個別ルートを絡めた
更なる掘り下げが少ないのが非常に残念な出来でした。

まとめ。
システム、ボリュームともに頑張ってはいるものの、
それが全体的に噛み合っていないのを強く感じる作品です。
周回前提でありながら周回を大きく阻害するシステムや
メインストーリーと個別ルートの解離はホント惜しい。
ここを改善するだけでかなり化けたと思うんですけど。

というように突っ込みばかりになってしまう作品ですが、
それでも並みのゲームより遥かに長くプレイしていますし、
プレイしていて面白くなかったわけでは決してないのです。
体験版がそこそこ楽しめたという人なら少なくとも
値段分は楽しめる出来だったことは確かではないかと。
逆に体験版が微妙なら絶対買わない方が良いですけど。
予約特典がアペンド1となっているのでまだまだ今後の
展開もあるでしょうし、そちらも追っていくかもしれません。

お気に入りキャラは美來、シャネル、沙夜音、メヒさん。

コメント

非公開コメント