2012/03/26

『水の都の洋菓子店』 感想

公式はこちら。
『水の都の洋菓子店』応援バナー

すたじおちゃおのデビュー作である
水の都の洋菓子店をコンプしてみました。
ちなみにこの作品、キャラやテキストのノリが
実に私好みで密かに期待していたんですよね。
果たしてその結果や如何に。

ゲームの内容としてはほのぼの洋菓子店物で、
最初から最後までめっちゃほのぼのしてました。
何気に魔法とかありますけどそんなのは小さなこと。
私の場合、体験版をプレイしてキャラクター間での
テンポの良い日常会話に惚れたクチなのですが、
そこは製品版でも健在で非常に読みやすかったです。
頻発する自爆、飛び交う腹パンチ、さらりと漏れる
下ネタのせいでプレイ中は終始ニヤニヤしてました。

シリアスは全くない、ということもないのですが、
基本的に登場人物がノリのいいキャラばかりなので
重くなり過ぎずサラッと流されていましたね。
嫌なキャラさえも茶化されまくってるせいで
憎めないキャラになっていてニヤニヤできます。
主人公はヘタレ気味ではあるものの、ヘタレ要素を
他キャラが弄ることでお笑いへと転化しています。
キャラの言動やツッコミが優秀なおかげですね。

ただ、そういう長所の反動でシリアス方面に
話が広がりにくいせいか、シナリオは短めでした。
主人公もヒロインも物事を引きずり過ぎないため
読んでいてストレスが少ないのは良いのですが、
各イベントもサクサク終わってしまうんですよね。
他のエロゲと比べるとちょうどシリアス分を抜いて
ギャグとイチャラブだけ残したぐらいの容量です。
割り切った明るいゲームを求める人にはいいですが、
シリアスを求める人にはお勧めできないかも?
エロは各キャラ3回ずつで萌えゲーとしては並み。
イチャラブはもう少し長くても良かったかも。

ヒロインの重要度としてはパッケージ通り、
未果と麻里が格上で他3人が団子状態という感じ。
と言っても特に壮大な展開があるわけでもないので
ボリューム的には全員似たようなもんですね。
キャラに関しては期待の腹パンチ幼馴染の麻里が
可愛かったのはもちろんとして、他のヒロイン達も
プレイ前より好きになれたのは非常に良かったです。
特に未果と乃梨子は大分好感度が上がりました。

まとめ。
プレイしている間は非常に楽しかったのですが、
ボリューム不足で良作に届かないのが惜しまれる。
とはいえ、自分と相性の合うテキストを書ける
ライターさんに出会えるのは稀なことですし、
今後もこのライターさんの作品は要チェックです。
これだけニヤニヤできた作品は久し振りですし、
私としては結構満足度の高い作品でした。
次回作はもうちょい長ければ文句なしでしょう。

以下ネタバレの多い個別キャラ感想。

クリア順に行きます。

○桐野 乃梨子
私自身は強気眼鏡属性持ちなので地味眼鏡な
彼女の第一印象は正直、微妙だったのですが、
シナリオとしてはなかなか面白い雰囲気でした。
主人公との非リア充卑屈同盟っぷりが実にナイス。
最後にはしっかり成長してくれましたのもナイス。
主人公の眼鏡属性宣言シーンには頷ける部分も
多くて変な意味でグッと来てしまった。

○エレーヌ
面白いお姉さんということは分かっていたのですが、
後半へ行くにつれて更に面白くなった印象です。
カリカリしているシーンも多いのですが、
この人の場合はそれが愛嬌になるので問題なし。
イザベル相手の押されっぷりすらも可愛いぐらい。
あと、仕事でのS気質とプライベートでのM気質の
激しい落差も見ていて非常に楽しかったです。
こんな面白いお姉さん欲しいわー。

○紺野 つぐみ
キャラは非常に可愛かったのですが
シナリオの印象はほとんど残っていない不遇な娘。
まあひたすら進学話を駄弁ってただけだからなぁ。
それでもつぐみちゃん特有のちょっととぼけた
会話は面白くて最後まで退屈しませんでしたけど。
好意がストレートなのも可愛いですしね。

○高村 未果
基本的には有能なのに弱点の多い妙な娘。
その結果、仕事や魔法で成果は出しているのに
何故か残念な娘というイメージが強かったです。
堅物なのに元ニートだったりするギャップも面白い。
シナリオは魔法とか洋菓子店とか結構重要な
お話だった気がしますが、印象に残っているのは
使い魔設定が割とどうでも良かったところとか
最後はとても強引に魔法で解決したところです。
まあ、そこもこの作品らしいと言えばらしい。

付き合いだしてからはイチャイチャしたいけれど
照れが残っていてやりにくい!というような
青臭さが可愛さを感じさせてくれて萌えました。
いい意味で予想を裏切ってくれた娘です。

○神田 麻里
腹パンチの魅力は偉大。
普段は口先で主人公を翻弄する小悪魔系なのに
本気で怒ると腕力に訴えてくるのは斬新でしたね。
てゆーかまひるさんのドスの効いた声怖過ぎです。
私としては暴力ヒロインは好きじゃないのですが、
口の回転がそれ以上なら許せるということを発見。
元々正反対の属性ですけど妙に噛み合っています。

自分のルートでの我が侭っぷりは実に可愛いですし、
他のルートでもこの娘がいるだけで会話のギアが
1つ上がるのでかなり出番を多く貰っていますね。
あまりのふざけっぷりにイラッとさせられることも
多いのですが、そういう手強さも含めて大好き。
腹黒トラブルメーカー好きとしてはたまらない娘です。

他ルートでは主人公との兄妹疑惑のせいで
身を引いていますが、あれがなかったら本気で
主人公の取り合いに参加していたのだろうか。
そこらへんは自重しそうな気もするのですが、
参加して楽しむという展開もありそうなのが
この娘の恐ろしいところではあります。
麻里ルートでの未果VS麻里とか見てると
かなり激しいことになりそうですが見たくもある。

まあFDが出るような作品ではないですけど、
スッキリキッパリ楽しめたのは良かったです。

コメント

非公開コメント