2012/03/11

仮面ライダーフォーゼ第26話 感想

「有・終・輪・舞」

ジェイクがまさかの大活躍で敵を倒して
テンションの上がるライダー部の面々ですが、
美羽と大文字は余計にギクシャクしてしまいます。
ジェイクが妙に消耗しているのが心配である。

マスコミ部長のデマのせいで元ゾディアーツの
生徒たちがバッシングされ構内は険悪な雰囲気に。
しかしそれでも卒業式は普通に行われる様子。
大杉先生の諦め気味な発言には笑ってしまった。
確かに異変なんて全然気に留めない学校です。
しかしマスコミ部長は性格悪過ぎるな…。

大文字と踊ってくれるよう弦太朗に頼み込まれ
渋々OKを出した美羽ですが、その様子を見ていた
大文字はぶち切れて弦太朗をぶん殴ります。
これは男としては当然の反応だわー。
弦太朗は意外と男心が分かってないな。

髪の毛ゾディアーツの正体はマスコミ部長と判明し
メテオに瞬殺されたものの、マスコミ部長は
物凄い嫌な執念でその場から離脱していきました。
何か最近はメテオが強くなってきたなぁ。
流星にはライダー部の弱点が見えているようです。

ダンスパーティーに参加した大文字と美羽。
パーティーを守るために蟹と髪の毛相手に戦う
フォーゼですがジェイクがあっさり倒されピンチに。
一方、戦いを察知した大文字はパーティーを
放り出してライダー部の元へ駆けつけます。
居場所は自分で作ると言う大文字がイケメン過ぎ。
しかしCMに入るタイミングが地味に酷いなぁ。

美羽の一喝と大文字のダイザーの援護によって
髪の毛ゾディアーツは粉砕され蟹は撤退。
大文字は弦太朗に対して美羽と踊るように頼み、
踊る二人をバックに去っていく大文字…
と思ったら次の日、大文字も美羽も相変わらず
ライダー部に出ていて、今後も部活に参加すると
宣言するシーンで次回へ続きます。
やはりメンバー交代はなかったか。

大文字はえらくナイスガイになっていましたけど
最終回までに彼の恋が報われる展開は来るのかな。
マスコミ部長は歴代ゾディアーツの中でも
性格が悪かっただけにフォローなしなのは残念。
友達になるには相当の矯正が必要でしょうけど。

次回はいよいよ流星の正体バレ話かな。
メテオストームもCMバレしちゃってますし
流星関係も話を進める時期なのかもしれません。

コメント

非公開コメント