2012/03/03

『はるまで、くるる。』体験版 感想

公式はこちら。
すみっこソフト『はるまで、くるる。』応援中!

色々と特殊な設定のゲームを出し続けている
すみっこソフトの新作のジャンルはハーレム物。
ハーレムの名に恥じず、体験版時点で複数回の
エロが入っているのも評価できる点ですね。
しかしただのハーレムで終わらないところが
この会社らしい冒険心を感じさせる体験版でした。

主人公が最初からヒロイン全員を攻略済みで、
皆で乱交でもしようというところから始まる今作。
主人公を巡るヒロイン間の対立を予防するために
ヒロイン同士でもイチャラブしようと発想から
こういう展開になったというのがなかなか面白い。

既に主人公やヒロイン達の間の好感度が高いため
ヒロイン達も下ネタトークばかりしていますが、
その合間合間で挟まれる理屈っぽさから見るに
ゲームの本質は結構真面目なものになりそうです。

そもそもこの世界の状況からして異常そのもので、
てっぺんが見えないほど天高く聳え立つ巨大煙突や
主人公とヒロイン達しか人間が存在してない状況など
いかにもな謎があちこちに散りばめられていますし、
こういう謎の解明も大きな要素になるのでしょう。
Hシーンがいくつか省略されているのはそこに重大な
ヒントがあったからか、はたまたCG枚数の都合なのか。

最初こそハーレム物という印象を受けたものの、
体験版後はファンタジーかSFという印象が残りました。
ライターさんの過去作にはすきま桜がありますが、
あれに通じる独特な雰囲気作りがあると思います。
これがこの人の味だとしたら結構好みかも。

主人公やヒロインについても謎が多いですね。
主人公はノリのいい普通の主人公っぽいものの、
ヒロイン達から「壊れている」と評されていますし、
巨乳な春海も破壊衝動に耐えるような描写があり。
そうなってくるとやたらとバールを振り回す静夏や、
わざとらしいギャグばかり言ってる冬音にしても
何か心の底に抱え込んでいるものがありそうです。
もちろんまともに見える秋桜も怪しいですしね。
こうして考えてるだけで結構ワクワクしてきます。

まとめ。
体験版としては、個人的にはかなりツボな掴みでした。
ただ、惜しむらくはヒロイン勢に好みのタイプが
いなかったため、萌え方面では少し期待薄なところ。
通常なら購入候補に入る作品ですが、30日は激戦で
既に候補が入ってしまっているのがきついかなぁ。
延期状況次第では突撃するかもしれませんけどね。
そこそこのエロ回数とちょっと捻ったシナリオを
期待する人には有力な購入候補になるかもしれません。

コメント

非公開コメント