手を出したものの感想を書き溜める場所
『晩年計画がはじまりました』牧野修 感想
晩年計画がはじまりました (角川ホラー文庫)晩年計画がはじまりました (角川ホラー文庫)
(2011/08/25)
牧野 修

商品詳細を見る

自分の命と引き換えに自分が憎んでいる相手を
誰かが殺してくれるという便利で恐ろしい晩年計画。
その計画に巻き込まれた人たちの恐怖を描く小説です。

怪奇現象に頼らずあくまで人間の内に潜む狂気を
メインにした話なので、ジャンル的にはホラーより
サイコサスペンスに近いような気がしますね。
作中の登場人物にとっては恐怖体験なのですが、
読者としては恐怖を感じる場面は少なかったかも?
どちらかというと黒幕を予想する楽しみの方が強く、
そういう意味でもサスペンス寄りだったと言えます。

これから先に希望が持てない老人や若者が
その命と引き換えに恨みを晴らすという設定は
今の時代にマッチしていて妙にリアルでした。
主人公である茜が福祉事務所のケースワーカーで、
社会の底辺と直に接する立場にあるというのも今風。
ただ、そういう社会派要素を入れながらも
話のオチには分かりやすい黒幕がいたりするので
ちょっとちぐはぐさを感じる面もありましたね。
もうちょっとぼかしたオチでも良かったと思います。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック