2012/02/12

スバル・インプレッサスポーツ 試乗感想

アクアに続いてこちらにも試乗。
グレードは1.6i-Lとなります。
話題の新型1.6の出来や如何に。

エクステリアはレガシィに似た感じになって
高級感は出てきたものの没個性にもなりました。
ただ角ばったデザイン自体は結構好みですし、
レガシィぽいというだけでちょっと高級に見えます。
サイドミラーの妙なでかさはかっこ悪いですけど、
その分見易くて運転しやすいのでこれはこれであり。

インテリアはクラスを超えたと宣伝するだけあって
このクラスとしてはソフトパッドが非常に多いです。
ただ、造形自体はシンプルというか無骨な感じで、
地味な印象を持ってしまう人も多そうです。
素材はともかく見た感じでの高級感はイマイチか。
私的にはこういうインパネは好きなんですけどね。
でもハンドルの皮がシワシワなのは好みじゃない。
スベスベタイプの方が好きな私です。

面白かったのはシート。
当たりは凄く柔らかいのにコシがあると言いますか、
フワフワしているのに疲れにくそうな新感覚です。
サイドサポートも柔らかいので少し頼りないですが、
運転してみるとあまり身体が動かないのが不思議。
なんだかもっと座っていたくなる良さがあります。
500kmほど走って疲労度を確かめたいなぁ。

ドラポジをしっかり合わせていざ公道へ。

まず驚くのがモリモリと出てくる低速トルク。
ちょいとアクセルを踏めばどんどん加速していきます。
旧型の1.5はドン亀と言われていた記憶がありますが、
この新型1.6は低中速だと車重の重さを感じさせません。
しかし流石に坂道での加速となると排気量相応となり、
ちょっと苦しそうなエンジン音を響かせてくれます。

走りに関しては流石はスバル。
乗り心地の良さと走行安定性を見事に両立していて
落ち着いて運転でき、なおかつ楽しさも感じられます。
コーナリングでもまったく接地感が欠けることはなく、
直前に乗ったアクアもなかなか安定していましたけど
それと比べてもやはりワンランク上なのを実感。
しかし低速ではステアリングが軽過ぎるような気も。
それなりにスピードを出したときとの差が大きくて
ちょっと怖さを感じてしまうレベルでした。

遮音に関してはイマイチですね。
アクアやスイフト、スカイデミオのような静粛性に
力を入れているコンパクトカーよりもやかましい気が。
ちょっとアクセルを踏むとノイジーなエンジン音が
入ってきますし、ロードノイズも結構聞こえてきます。
この点に関しては新型車にしては劣る点かと。
しかし風切り音は少なかった気がします。

アイドリングストップは何度か発動しましたけど、
止まるときはいいものの再始動時に結構な振動が。
やっぱり勝手にエンジンがかかるというのは慣れぬ。
しかし他車でアイストが発動したことがないのに
インプだけ発動したというのは何故なんだろう。

まとめ。
うーむ、流石にレベルが高かったです。
1.6という排気量でありながら低中速の力は文句なし。
急加速や急勾配では力不足を感じる面もあるものの、
そこは1.6なので我慢して優しくしてやってください。
騒音対策には若干不満がありますが、乗り心地や
安定性のバランスは良く、シートの感触も面白い。
スバル車だとインプと同価格帯にラク…じゃなくて
トレジアがありますけど、スペースが許すのなら
やはりインプの方がいいのではないかと思われます。

コメント

非公開コメント