2012/02/12

仮面ライダーフォーゼ第22話 感想

「馬・脚・一・蹴」

メテオにぶん殴られながらもヴァルゴの
援護を受けてその場から撤退したペガサス。
ペガサスの正体が先生だと確信した弦太朗ですが、
次の日、落研部長が殴られたときの反応を見ると
視聴者的には真犯人は部長で確定でしょう。

先生を改心させるべくストーキングする弦太朗は
先生と試合することになりボコられてダウン。
一方、ヴァルゴに呼び出されたメテオは
一戦交えるものの、リミットブレイクしても
ヴァルゴに歯が立たずプライドが傷付いた様子。
しかしヴァルゴの行動の意図がいまいち分からん。

とりあえず学校に出てきた先生は弦太朗から
進路指導を受け非常スイッチを壊したことを告白。
このスイッチが出てくる発想はなかったわ。
先生も壊したことを隠すのはよくないと思うよ。
しかし教室にフォーゼがいる構図はシュールだなぁ。

流星の推理によって真犯人が落研部長だと判明。
ペガサスに変身した部長に苦戦するフォーゼですが
先生のアドバイスもあって何とか撃破…と思いきや、
部長がまさかの幹部へのレベルアップという展開。
雑魚かと思ってたのになかなかやるな部長。
でも蟹というのがちょっとショボーンな感じです。

新たな敵幹部が誕生したものの先生と仲直りした
弦太朗がキックに付き合うシーンで次回へ続く。
先生はライダー部の顧問になるのかと思ったけど
まあこれはこれでいいオチでしょう。

幹部デビューした落研部長ですけどキャラ的には
あまり大物ぽくないですし今後が心配ですね。
とりあえず次回ぐらいは強さを見せて欲しいところ。

コメント

非公開コメント