手を出したものの感想を書き溜める場所
『真剣で私に恋しなさい!S』キャラ別感想
公式はこちら。
真剣で私に恋しなさいS!
今回はネタバレばかりの各キャラ感想になります。
ネタバレ少なめの感想はこちらに。

BADエンド含めて全ルートについて書こうかとも
思っていたのですが、途中で力尽きたため
主要ルートのみの感想だけにすることにします。
それでもそこそこの文量が書けてしまう辺り、
なんだかんだで気に入った作品だったんだなぁと。

ということで以下ネタバレ開始。
○川神百代
思ってた以上にメインヒロインしていました。
化け物のような戦闘力は相変わらずでありながらも
要所要所でプレイヤーを狙った媚びを入れていて
不覚にも可愛いと思わされるシーンが結構多かったです。
肝試しと旅行というFD向けなイベントにも恵まれ、
アフターストーリーの見本のような出来だったのでは。
前髪の×字弄りたいなぁ。

○川神一子
基本的にはまったり重視で山無し落ち無し。
とはいえ随所で見せる犬要素は可愛かったですし、
何より眼鏡姿がドストライクだったので全て許せます。
もともとこういうペット系キャラは好みなのですが、
ロング+眼鏡が加わったことで更にニヤニヤ。
次回があるなら常時眼鏡モードが欲しいぐらいです。
若干舌足らずな青山ボイスの破壊力も高し。

○椎名京
イチャイチャしていたものの若干広がりがない印象。
まあ、こういうキャラなのでくっついてしまった後は
ひたすらヤってるのが正しい気もするのですが。
その分バッドエンドで大活躍だったからいいのか。
風引きイベントはもう少し発展させて欲しかったかな。

○黛由紀江
イチャラブ兼友情物という感じでしょうか。
まゆっちのキャラ的にはこれでいい気がしますけど、
インパクトは少ないので好き嫌いは分かれるかも。
やはりキャラ的には戦闘があった方が勢いが出るか。
私は女の友情も好きなので全然おkですけどねん。
必然的に心様の出番も増えるし私的に損はないのです。

○クリスティアーネ・フリードリヒ
肝試しは百代とちょっと被りましたね。
アフター+アフターSということでしたけど
ボリューム自体は他とあまり差がなかったかな?
この子のボケやマルさんとの絡みは好きなのですが、
活躍するとなるとやはり戦闘必須になってしまうのか。
ボケさせているだけでも面白い娘ではあるのですが。

○松永燕
松永って名前自体がネタバレなのに百代の情報を
垂れ流している大和の抜けっぷりがなんとも。
この手の腹黒キャラは最初に出来るだけ汚さを見せて
そこから急上昇させるのが基本だと思うのですが、
腹黒さも急上昇も控えめに感じました。
腹黒キャラ好きな私としてはもっと小細工を弄しても
良かったと思いますし、逆に腹黒嫌いな人からすれば
真っ白にしてくれた方が良かったのではないでしょうか。
文句言ってますがこういう人を食ったキャラは好きです。

○不死川心
ほんとにょわにょわが多いなぁにょわにょわ。
お馬鹿キャラとしては文句なしの可愛さでしたけど
シナリオとしてはちょっと物足りない面もあり。
ギャグ的ないざこざならどこまでも引っ張れそうなのに
割とあっさりくっ付いてしまったのが残念であります。
エロはエロで重要なのですが、それ以上に非エロでの
ドタバタが持ち味な娘だけに生かし切れなかったような。
他ルートも含めるとちょこちょこ目立っていましたけどね。
顔アップの絵はまじこいSで一番可愛いと思います。
手を挙げてひゃっほーぅしてる立ち絵もお気に入り。

○マルギッテ・エーベルバッハ
ちょろい人。
エロいことやってた記憶しかなかったからやり直したら
やっぱりエロいことやってるだけだったというお話。
でもここまでエロ印象を残せたならこれはこれで成功。
いい意味で割り切り過ぎなシナリオでした。

○板垣辰子
てゆーより姉妹丼ルートですね分かってましたけど。
こういう別のコミュニティの中へ入っていって
自分の居場所を作る話は好きなので結構楽しめました。
マルさんほどじゃないけど天使のちょろさにも癒される。
前半は小雪が目立ってて若干食われた感もありますが、
他キャラの出番も多く割と好きなルートではあります。

○九鬼紋白
少女らしい幼さと九鬼らしい器の大きさが絶妙な紋様です。
愛でてやろうとか言われて実際愛でられるんだもんなぁ。
少女に愛でられる良さは強烈な麻薬だと思います。
こちらから撫でてあげたときの反応もまた絶妙。
自分の欠点を素直に認められる所も含めて欠点がなく、
まさに理想の上司兼伴侶兼彼女というパーフェクトな存在。

シナリオとしては一番丁寧だったのではないでしょうか。
普通のエロゲらしくイベントをこなして紋様との絆を深め、
山場を乗り越えてイチャイチャという流れは安心できます。
やっぱ非ロリ主人公がロリにハマる展開はおもしれーです。
エロシーンまでいつも以上にエロく見えてくる不思議!
紋様のためだけに+10点ぐらい進呈してもいいですよ。

○榊原小雪ルート
小雪ルートと言っても実際はグランドルートですね。
小雪の描写自体はリュウゼツランアフターの方が多いです。
敵がいっぱいでキャラ総動員というお祭り的内容。
こういう全キャラ協力する展開はやっぱ燃えてしまう。
心様は序盤でうっかり脱落するかと思ってただけに
最後の方まで残ってくれたのはいいサプライズでした。
梁山泊組はぽっと出の強敵なので印象は薄いのですが、
東映まんが祭り的な扱いだと思えばこんなもんかと。

ただ、クローン関連の真相をここまで引っ張ったせいで
義経たちの影も薄くなってしまったような気がします。
特に義経はメイン格だったはずなのに目立たなかったなぁ。
ゆる~い弁慶は大和と相性がいいですし、与一は与一で
中二病という強力な武器でこれまた大和と仲良し。
結果的に義経だけ何をやっていたのやらという印象に。
敢えて言うならまゆっち相手の盛り上げ役なのか?
清楚もド派手に覚醒した割には戦闘での山場を
ヒュームや百代に持っていかれてしまってガッカリ。
グランドなのにあちこち雑さが見受けられるルートでした。
宇宙とかぶっ飛びっぷりは好きですけど。

○まとめ
そんな感じで正直ツッコミどころは多い作品でしたけど、
楽しめる部分も多かったので割と充実感はあったりします。
萌えキャラは多いですし男キャラも面白かったので
今後他作業中にオートで流すという楽しみ方もできそう。
エロシーンに関しては文章CGともに十分過ぎる量でしょう。
ただ、やはり今回のクローン組や梁山泊の扱いを見ると
勿体無いという感情はありますし、今回は中規模FDにして
次回で大きく話を広げた方が良かったのではと思いました。

次回作がまじこいシリーズなのか完全新作なのかは
まだ分かりませんが、今度はエロシーンだけでなく
日常のふとした場面で見せる絆の深さが見たいですね。
もちろん笑えるシーンはいつも通りな感じで。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック