手を出したものの感想を書き溜める場所
Fate/Zero第12話 感想
「聖杯の招き」

改めて現状を分析する切嗣。
アサシンを失い脱落したと思われる言峰ですが、
切嗣には動きが予測できない言峰が一番気になるようです。
でも私的に気になるのはケイネスさんの今後です。

一方、聖杯戦争から脱落したつもりになっている言峰。
アーチャーに対し他人事のようにマスターの復帰方法を
語っていますが、これは自分の復帰フラグにしか見えません。
しかしやっぱ仲がいいなこの二人は。

アインツベルン城を失ったセイバー達は
新たな根城として和風のお屋敷を選択。
このお屋敷はstay nightをプレイした人にとっては
非常に思い入れのある場所ではないでしょうか。
ここでアイリの体調不良が明かされ、
セイバーはその力となることを誓います。
この不良はホムンクルス故みたいな言われ方ですが、
他にも何か深い理由があるように感じられるのが怖い。

相変わらずほのぼの会話をする言峰とアーチャー。
自分の立ち位置が見定められない言峰に対して、
アーチャーは言峰が雁夜に興味を持っていると看破。
自分が他人の苦痛を見て楽しむ存在だと宣言された
言峰は必死に否定しますが、その腕には新たな令呪が。
更にアーチャーは言峰に他人のサーヴァントを奪って
聖杯戦争に復帰するように誘惑します。
アーチャーの優秀なスカウトマンっぷりが光る。
師すら敵に回すというその誘惑に言峰は抗えないようで…
というシーンで次回へ続く。

今回は各陣営の動きは少なかったものの、
言峰が明確にラスボスとして動き出したのは大きい。
でもやはり戦闘がないと会話ばかりになってしまうなぁ。
次回は大きな動きに期待したいです。

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック