2011/12/12

未来日記第10話 感想

「家族プラン」

いきなり穴を掘っている由乃のシーンから開始。
ただ穴を掘っているだけで非常に怖さを感じるのは
由乃というキャラクターの異常さから来るものか。
死体を埋めてるイメージしかないもんなぁ。

3rd対みねね様の過去話。
3rdに追われるみねねは刑事・西島と出会います。
そして一緒に逃亡しているうちに愛が芽生えるお約束。
トイレや服で少女っぷりを見せるみねねが可愛いです。
「音響爆弾一個…です」にはニヤニヤしてしまった。
ムルムルのナレーションは煩過ぎですが内容自体は
微妙に当たっている部分もあるのが面白いです。
それにしても3rdの防御力は異常だな。

何とか3rdから逃げ切ったみねねですが、最後の最後で
西島を撃ち殺して少女マンガ展開を裏切ることに…
と見せかけといてやっぱり西島は生きていた展開。
これはこれで物語としては王道です。

開始10分が過ぎてようやくユッキー視点再開。
秋瀬との友達っぽい待ち合わせに浮かれるユッキー。
しかしそれは秋瀬の仕掛けた巧妙な罠だった!
秋瀬の陰謀により由乃と鉢合わせさせられたユッキーは
ノリノリな由乃と一緒に結婚式ごっこをすることに。
引いてるユッキーですが今更恋人宣言を取り消したら
大惨事が起こりそうでとても口に出すことが出来ません。
ここで来須刑事の奥さんと出会ったということは
やはり次の敵は来須刑事になりそうな気配。

ウエディングドレスを着た由乃は普段の病みっぷりを
感じさせないためうっかりデレそうになったユッキーは
前に見た襖の向こうの死体のことも忘れようとします。
まあ確かに普通にしてれば可愛いからな。
しかし結婚式ごっこを堪能して由乃の家に帰ってきた
ユッキー達の前に不法侵入していた秋瀬の姿が。
そこで判明したのはかつてあった死体は穴の中へ消滅し、
由乃は記憶を改竄してユッキーが死体を見つけた事実も
忘れてしまっているという異常な状況でした。
ガチで忘れてそうな由乃の反応が怖い。

最後は来須刑事が10th殺人事件の犯人を
ユッキーと由乃に押し付けたところで次回へ続く。
いよいよ本格的にVS4th戦に突入か。

今回のムルムルパートはみねね様弄り。
女の子に対して禿げさせるところは非常に容赦ない。
デウスに髪があったというのは衝撃の事実です。

いつもと違って比較的病み成分が少なかった今回。
みねねも由乃も普通の少女っぽい場面が多かったです。
由乃は静かな狂気って感じで怖さはありましたけどね。
4th退場は決定でしょうけどそれが次回になるのか
次々回になるのか…ともかく次回にも期待です。

コメント

非公開コメント