手を出したものの感想を書き溜める場所
ペルソナ4第7話 感想
「I'll beat you, and beat you good」

鳴上の面白さが留まるところを知らない件について。

前回から引き続きシャドウ完二登場シーンから開始。
引いてる花村に対して録画したと返す鳴上がナイス。

完二を探すためにテレビの中に入った鳴上達。
今回はクマでも完二の居場所が掴めないらしく、
ひとまず外に出て完二の私物を探すことに。
あっさり諦めようとする鳴上が地味にひでぇw

完二が暴走族を潰したのは実は母親のため。
他にも子供に可愛い手作りストラップをあげたりと
見た目に反してなかなか気遣いの出来る男らしい。
男としてはアピールしにくい特技ですが。

クマの鼻によって完二の居場所を突き止めた4人。
しかしそこは男としてはとても入りにくい場所でした。
露骨に嫌がる花村に対して何食わぬ顔で帰ろうとする
鳴上の反応がいちいち面白過ぎて笑いっぱなしです。
口数少ないのに一言一言が実にいいセンスだ。

シャドウ完二を見つけるなりペルソナ召喚して
殺る気満々な鳴上と花村にも笑ってしまいました。
BGMが一瞬戦闘音楽になるのも芸が細かいなぁ。
方向性は違うけどノリは雪子シャドウに似てるな…
と思ってたら千枝がしっかり突っ込んでくれた!
対する雪子の凹みモードからマジ切れもいい流れです。
そして鳴上の合いの手はどんどん切れ味アップ。
「灰にしてやる!」「いいんじゃないかな!」
の流れは千枝と一緒に突っ込み入れたくなるレベル。

ついに完二とシャドウ完二を見つけた4人組ですが、
ヌルヌル攻撃によって身動きが取れない状況に。
女性陣のエロスを感じさせるヌルヌルシーンを
録画しようとする鳴上と花村ですが機材がなく断念。
本気で残念そうな鳴上にまたまた笑わされてしまった。
今回の鳴上はマジ飛ばしてます。

完二に拒絶され戦闘モードになったシャドウ完二。
4人組もペルソナを召喚して戦闘を開始したものの、
シャドウのおまけのマッチョマンにも苦戦する始末。
ペルソナチェンジってそういう使い方するもんなのかw
男子がやられたー!も普通の戦闘ならピンチですけど
状況が状況だけにギャグにしか見えません。
女性陣は女性陣で挑発に乗せられて頼りにならねー!

ギャグ回なのにかつてないピンチに追い込まれた鳴上達。
しかしここで鳴上がペルソナ合体の能力に目覚め、
シャドウ完二の動きを止めることに成功。
まさかこんなギャグ回でペルソナ合体初披露とは…。
その隙に鳴上が完二を説得し、完二自身が
シャドウ完二を倒して受け入れることで一件落着。
鳴上の「かわいいよ」はシリアスなシーンなのに
どう見ても狙ってやってただろうスタッフめ。

いやはや、最初から最後まで笑いっぱなしでした。
まさかペルソナでここまでギャグ回ができるなんて。
鳴上はギャグもシリアスもこなせる良主人公だなぁ。
まあギャグに走り過ぎた感もありましたけど、
たまにはこういう壊れた話もありじゃないでしょうか。
次回はほのぼの回になるのかな。
相変わらず完二はネタキャラ扱いっぽいですけど
今回ほど壊れた内容にはならないでしょう…多分。

テーマ:P4 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック