2011/10/16

仮面ライダーフォーゼ第7話 感想

「王・様・野・郎」

アメフト部が地区優勝してお祝いされる大文字。
お祝い自体はよくあることですが銅像が建ったり
親父が出張ってたりするところは病んでるなぁ。
大文字がヒネたのはこのテンプレ傲慢親父のせいか。

美羽は大文字のことが眼中になくなったようで
今は仮面ライダー部に入り浸っている様子。
JKも交えて完全に普通の仲間になってるなぁ。
チア部を放置してるのはどうかと思いますが。

順調なライダー部ですが弦太朗、ユウキ、賢吾が
補習に取られてしまったせいで活動の危機に。
補習には大文字とゴス子までいてちょっとカオス。
担当教師が香川教授だったのに笑いましたけど。
噂では地獄の補習らしいですが、反省1000回って
結構サクッと書き終わるような気もします。

美羽とJKはライダー部らしくゾディアーツを発見。
賢吾がロボで出撃したもののあっさり返り討ちに。
アニメでは少年がいきなりロボを動かしてますけど
実際、相当の体力がないと厳しいですよね。

大文字の提案でテストの点数が低かった生徒は
毎週補習を受けることになって弦太朗がピンチに。
……あれ? 補習としては結構当然な内容じゃね?
「反省」の文字を書かせるとかじゃなくて
授業の復習とかなら望むところだと思うのですが。

再びゾディアーツを発見したJKを助けるために
弦太朗は補習を放り出して変身し現場へ急行。
新スイッチとエレキでハウンドを追い込んだものの、
そこへ大文字が乱入してフォーゼに襲い掛かり
そんな二人にハウンドが攻撃したところで次回へ続く。
大文字先輩は今までヘタレかと思ってたんですけど
やるときはやる人だったんですね(悪い意味で)
あとトゲキックは流石にかっこ悪過ぎると思います。
めっさ痛そうでしたけど。

次回、果たして大文字は仲間になるのかしらん。
とりあえずロボに乗るのは確定っぽいですけどね。

コメント

非公開コメント