FC2ブログ
2011/10/02

Fate/Zero第1話 感想

「英霊召喚」

第1話だけあって舞台説明に終始していましたね。
1時間使ってサーヴァントが召喚されるまでを
じっくり描写するというなんとも豪華な内容。
普通のアニメだとこういう進行は無理でしょうけど
まどかの虚淵、商業的にも成功しているFateの
組み合わせだからこそ許される展開と言うべきか。
○年前みたいな内容は普通なら進行中の過去話で
挟むような感じになりそうですけど、1話から堂々と
やっちゃうところに製作側の気合を感じます。

ただ、ファンとしてはこの展開は嬉しいのですが、
単純にアニメの1話としてみた場合は掴みが弱いかな。
説明だけでバトルなしだと印象が薄くなりますし。
桜の蟲風呂は別の意味でインパクトでしたけどさ。
あと時臣と親父がグルグル回ってるのに噴いたw
説明が長いだけに無駄に印象に残るシーンです。

掴みという意味ではOPを最後に持って来たのは正解。
本編で動きが少なかった分こっちで稼いでました。
でもOPだけ見るとまともな王道アニメぽいですよね。
後半のことを考えるとちょっと罠に見えます。
セイバー召喚から入る流れも綺麗に決まってます。

動画で見て改めて感じたのは群像劇だなということ。
各キャラの立場の違いが見ていて非常に分かりやすい。
ウェイバーや雁夜は主人公いけそうな設定だなー。
時臣はどう見ても死亡フラグばかりですが。

アニメとしては全体的に台詞が多く感じたものの、
作画は素晴らしいですし、原作経験者の目から見ても
まったく違和感がないアニメというのは凄いです。
この調子でしっかり動画化していってくれることを望む。

コメント

非公開コメント