2011/09/07

『コンパクトカーのすべて』を読んでみた

コンパクトカーのすべて 2011-2012年 (モーターファン別冊 統括シリーズ vol. 33)コンパクトカーのすべて 2011-2012年 (モーターファン別冊 統括シリーズ vol. 33)
(2011/08/31)
不明

商品詳細を見る

通勤の暇潰しに買ってみました。

内容はタイトル通り、国産コンパクトカーを
一通り網羅している写真集って感じですね。
フィットシャトルやインサイトのように
これコンパクトか?と思う物も一部ありますが。

内装、外装とも結構ハッキリとした写真で見ることが
出来るのでこういうのが好きな人なら楽しめるかと。
特にインテリアは結構細かく写真で見られるため、
知らない車の面白ギミックを発見できたりします。
ただ、内装紹介のモデルさんが女性であるため、
室内の広さがいまいち分かりにくいのはマイナス。
これだと大抵の車は割と余裕がありそうに見えますし。
……いやCR-ZやIQみたいなのは例外ですけども。
こういう場面では身長175程度の男性がベストですね。

文章にいかにも商売してますって感じです。
フィットやデミオ、スイフトなど分かりやすい
セールスポイントがある車は全力で褒めに行って、
今更かよ!という車もそれなりに持ち上げています。
各車の長所をあらためて知るにはいいんですけど、
短所はほとんど伝えないようにしていますね。
まあ、そこは自分で調べなさいってことでしょう。

でも巻頭にある実車対決とお勧め紹介は面白いです。
対決で使われたのはフィットHV、ヴィッツ、マーチ、
skyデミオの4台ですが、ヴィッツが満場一致で最下位。
「ああうん、悪くないよ」みたいな感想ばかりで噴いた。
まあもともと新型ヴィッツは各雑誌でも評判が微妙ですが、
ここまで凹るなら代わりにスイフトで良かった気も。
ハイブリVSアイスト対決にしたかったのかな?
アイストスイフトが間に合ってたら面白かったかも。
……アイストスイフトってなんか妙な響きだ。

お勧め紹介はやはりデミオ、スプラッシュ、スイフトの
3台を推す人が多くていかにも車雑誌的な結果でした。
コメントを見るとやはり欧州車への対抗意識が強め。
やっぱり自分で運転するならこの3台かなぁ。
使い勝手ではフィットやヴィッツでしょうけどね。
日本でこの2台が売れるのも分かります。

暇潰しで買ってみたのですが、写真は多いですし
文章も色々と深読みできて意外と楽しめる内容でした。

コメント

非公開コメント