2011/08/21

セイクリッドセブン第8話 感想

「マゴコロを込めて」

やばい。
独身にとっては目の毒過ぎるニヤニヤ回だこれ。

前回アルマ達に助けられたルリお嬢様ですが、
アルマの「とりあえず」助けに来たという発言に対して
微妙に傷付いた表情を見せ、二人の溝は広がるばかり。
ルリお嬢様は戦闘時のピンチにはかなり強いんですけど、
アルマの不用意な発言に対しては豆腐メンタルですね。

研美についての調査はひとまず鏡に任せ、
ある目的を持ってアルマのボロ家を訪れたお嬢様。
ってかアルマは本気で真面目に石部に出てるのね。
ルリお嬢様がアルマに見せたのは戦いの契約書。
ルリお嬢様なりに戦いに前向きに見えないアルマを
気遣っての行動だったのですが、これがアルマには
札束で命を買うような行動に見えてしまったらしく、
二人の間の溝はずんどこ広がってしまいます。

そんな二人を気遣う鬼瓦……ってまた割れた!?
どうやらちゃんと治すにはアルマとルリの愛の篭もった
石が必要らしく、とりあえず二人で探しに行くことに。
鬼瓦、いつも五月蝿いけど今回はグッジョブ。

待ち合わせの場所に現れたルリお嬢様の姿は
いつもと違ってなんとツインドリルテールでした。
……どう見てもデートだこれ! 羨ましい!!
でもアルマはもうちょっとお嬢様に気を使え!!!
土産に気をとられるルリお嬢様を放置して一人で先に
進んでるシーンは酷過ぎて逆に笑ってしまいました。
でも駅でキョロキョロするお嬢様はとても可愛かった。
しかし犯罪臭のする身長差である。

石を手に入れたアルマ達ですが二人で手をつないでも
さっぱり石は光らずとりあえず様子見することに。
まあ愛の石とか鬼瓦の出鱈目なんで当然ですが。
そしてラーメン屋でもアルマの鈍さが容赦なく炸裂。
アルマさんと同じものを→特盛りの流れは読めてても
笑えましたし、ルリお嬢様のリアクションもナイス。
割り箸に失敗して涙目なのもナイス。

ここでついに二人の間で修羅場発生。
なんでも「とりあえず」で片付けるアルマに対して
ルリお嬢様がマジ切れし、それを見たアルマはショック!
アルマからすれば「とりあえず」というのは照れ隠しで
ポロッと出た言葉ですが、それが毎回ルリお嬢様を
傷付けていたことにようやく気付かされたようです。
普段はヘタレ気味なアルマですが、ここで言い訳に走らず
キッパリと説明して誤解を解いたのは評価したい。

仲直りした二人は全開でデートを満喫。
当人達に自覚がないのですが恋人にしか見えないぜ。
しかも挿入歌まで来るという力の入りっぷり。
アルマは昔から覚醒しては転校を繰り返していたのか。
どうやら二人は過去に会ったことがあるらしいですが
この過去の出会いが今後重要な鍵になるのかな?

デートの最後は海! 海! 海!
浜辺ではしゃぐお嬢様は非常に微笑ましかったですし
そこで自然にお姫様抱っこするアルマもナイスイケメン。
花火でキャッキャウフフしてるところなんてもう嫉妬と
ニヤニヤが混じって顔の筋肉が釣りそうでした。
「とりあえず」ではなく自分の意思でルリお嬢様の
意思を受け取る宣言をしたところは実に男らしかった。

アルマとルリお嬢様は主人公とヒロインらしく絆を深め、
元々石とか必要なかった鬼瓦も無事復活。
しかし留守番かがみんは研美について何も掴めず、
研美サイドが怪しげな企みをしているところで続く。

……いやなんつーか、お腹いっぱいです。
リア充羨まし過ぎ爆発しろって感じでしょうか。
バトルは熱いしデートは萌えるしホントいいアニメやわ。
しかし物語もいよいよ終盤。
次回からはハードな展開になりそうな予感ですね。
いい作品ですし綺麗に終わって欲しいところ。

コメント

非公開コメント