2011/07/13

ChuSinGura 46+1体験版 感想

公式はこちら。

今回は同人ゲーム体験版。
内容は忠臣蔵の女性化物となります。
戦国とか三国志とか円卓騎士団とか女性化には事欠かない
業界だけに忠臣蔵がそうなっても驚くことはないですね。
……ごめん嘘、ちょっと驚いた。

現代人である主人公が江戸時代にタイムスリップして
赤穂浪士の討ち入りに関わっていくというのが物語の大筋。
お約束の一般人巻き込まれ系スタートではあるものの、
奇抜な設定で無理なく開始するにはこれが一番かも。

主人公はよくいるライトオタク系男子。
妙にテンションが高かったりタイムスリップで
パニクり過ぎだったりしますがそれ以外は普通です。
何気に剣術設定があるところはこの作品向けかな。

史実の人物は9割がた女性化してますね。
赤穂浪士以外でも綱吉や浅野内匠頭が女の子ですし。
女性キャラの中では大石内蔵助、主税、堀部安兵衛、
矢頭右衛門七の4名の扱いが大きいですけど、
この4人が攻略ヒロインになるのかしらん。
正直、浪士ヒロインてどないやねんと思ってましたけど
実際プレイしてみると普通に可愛くて意外でした。
内蔵助のロリババアっぷりがなかなか面白い。
個人的には成長しなくてもおkだったのですが…。

体験版は会話のテンポも良くてサクサク進められました。
話の展開も史実の流れの裏に呪いや陰謀っぽいものが
見え隠れしていますしこれらが今後の討ち入り事件に
どう絡んでくるのか、なかなか興味を惹かれます。
まあ歴史通りだと切腹オチになっちゃいますし、
討ち入り後にもう一幕あると考えるのが妥当かな。

体験版の印象ではキャラ、話ともに期待できそう。
同人ゲームということで価格も安いですし、
夏コミの期待作としてしっかりメモっておきます。

コメント

非公開コメント