2011/07/10

仮面ライダーOOO第41話 感想

「兄弟と救出と映司去る」

ついに子アンクに吸収されてしまったアンク。
と書き出したら公式のストーリー紹介とほとんど
同じ書き出しになってしまってちょっと困った。

ともかく、アンクが完全に吸収される前に助けるべく
プトティラになった映司ですが、子アンクに予想外の苦戦。
今までの描写からしてプトティラならグリード一体ぐらい
簡単に倒せそうですがこれは子アンクのイベント補正か。

結局、子アンクに逃げられアンクの救助は失敗。
その代わりお兄ちゃんが目覚めて映司に協力を申し出ます。
とりあえずコンビネーションの練習をする映司とお兄ちゃん。
しかしアンクと比べるとメダル投げの腕に雲泥の差が。
何気にアンクの凄さが実感できるお話でした。

お兄ちゃんが戻ってほのぼのしている比奈ちゃんを
戦いから遠ざけるため、家出する決意をした映司。
料理に対する反応からして既に映司の味覚は壊れてるのか?
じわじわとグリード化が近付いてきた感があります。
そして一人になった映司の前に現れた後藤さんがかっこいい。
序盤の暴走が嘘のように精神的に成長したなぁこの人。

アンクの元へ向かう二人の前にヤミーが出現。
2対1で楽勝かと思いきや、普通に苦戦するオーズとバース。
とくに映司はメダル交換に手間取って役立たず状態に。
とりあえずチーター使っとけば大抵の戦況で
なんとかなるような気がしないでもないですが。
ヤミーをバースに任せてアンクの元へ急ぐ映司の前に
ドクターが現れ、メダルを奪われかけたところで次回へ続く。

なんというかオーズシステムの不便さがよく分かる回でした。
一人で運用するなら自分の使いやすいメダルだけに
絞って使った方が迷わなくてよさげですなぁ。

コメント

非公開コメント

トラックバック

仮面ライダーオーズ/OOO 第41話「兄妹と救出と映司去る」

仮面ライダーオーズ/OOOの第41話を見ました。 第41話 兄妹と救出と映司去る 屋根裏で勝ち誇るアンク(ロスト)に吸収されてしまい、信吾の体を残してアンクが消えてしまう。 「おかえり、僕」 勝...