2011/07/01

Rewrite 中津静流ルート感想

※本編内容について重大なネタバレがあります※
応援中
キャラ別感想4回目は静流ルート。
ライターは多分都乃河さんでしょう。
金髪ツインテロリに眼帯装備という容姿が
非常にキャッチーなキャラで店舗特典も多め。
天然な性格が非常に鍵っぽさを感じさせるキャラです。

以下ネタバレ感想。

ルチアと同じくガーディアン側のルート。
だからこそルチアクリアで開放かと思っていたのですが、
小鳥クリアで開放だったのはちょっと意外でした。
やっぱ小鳥との別れ描写のせいなんだろうなぁ。
小鳥→静流とプレイしたので切なさがやばかったです。

ルチアルートでも思いましたけど静流はその外見や
言動に反して非常にしっかりしているキャラですね。
行動にもブレがないので近くにいて安心できます。
戦闘での万能っぷりはまさに勇者系キャラ。
……会長とはある意味逆だよなぁ。
静流との同棲シーンはほのラブって感じで和みました。
ぱんつくんかくんかはよくあるシチュですが笑いましたし
その後の土下座カップルの流れも非常に微笑ましい。
さんま好きの原因はいかにも鍵ゲーぽかったですね。

前半は比較的落ち着いていた静流ルートですが、
設定の都合上やはり後半はハードになってしまいます。
このルートでは他ヒロインの出番は少ない代わりに
江坂さんや西九条先生、今宮といった脇役が活躍。
ガーディアン組織の描写は後々の伏線でもありますね。
この時点のいまみーはまだ微妙に嫌な奴ですが…。
思ってたよりもルチアが絡まなかったのは残念。
ルチアルートの後だと特にそう思います。

ラストは世界崩壊→再生という結末に。
序盤での自分を変えるという選択肢の通り、
最後は瑚太朗自身が姿を変えるという終わり方でした。
木になるのはハッピーなのか?とも思いましたけど静流とは
意思が繋がってそうですし問題ないと思うことにしよう。
日記ネタは泣き展開の王道ですね。
これ系はいつも読んでて何ともいえない気持ちになります。
まあ私的には日記ネタより動物ネタの方が効くのですが。

Rewriteの中では泣きゲー寄りなシナリオかな。
別離の演出やラストの1枚絵にも鍵っぽさを感じました。
でも他シナリオと比べると少し勢い不足だったかな?
良くも悪くもいつもの鍵の個別ルートの延長線上ですが、
これも鍵ゲーであるということを考えるといいシナリオかと。

コメント

非公開コメント