2011/04/26

Hyper→Highspeed→Genius体験版その2 感想

「時雨里姫乃と水無月学園」編
公式はこちら。

前回の体験版で一通りのキャラは紹介済み。
ということで今回は内容は聖女候補三大勢力のうちの一つ、
水無月学園の3人組の活躍を重点的に紹介しています。
前回の体験版をアップデートし追加要素が入る形ですね。

さて、今回の内容はというと。
前回の体験版から少し時間が飛び、主人公が水無月学園の
聖女候補・時雨里姫乃の支援を決意したところからスタート。
飛ばされた時間の間にも色々あったようですが
そこは製品版でのお楽しみってところでしょうかね。

姫乃の支援を表明したものの、肝心の姫乃本人がかなりの
実力主義者ということもあって主人公は試されてばかり。
更に取り巻きの二人に至っては明確に敵視してきます。
そこから主人公の能力「高速思考」や妹・光理の協力を得て
徐々に信頼を得ていくというのが主な内容になっています。
主人公が積極的に状況に関わっていくタイプなのはいいですね。
協力を表明した主人公ですが彼の本当の目的は他にあるようで、
最終的にヒロインと対決することもありそうな気配です。

若干ツン度が高い水無月3人組ですが印象は悪くないです。

聖女候補にして謎のカリスマを持つ時雨里 姫乃
ちょっとお馬鹿なドリル娘・パトリシア・ランカスター
クソ真面目な護衛役・刀条院 京香

主人公に興味を持ちつつ難題を吹っかける姫乃はともかく、
ドリルと京香からは最初はマジで嫌われていたりしますが、
ドリルは単純なのですぐ仲良くなれますし、京香も人の能力は
素直に認める娘なので打ち解けるのは早かったですね。
この3人のバランスは結構いい感じではないかと。
姫乃だけでなく他2人ともフラグが建っているような描写があり、
最終的には各陣営の3人が攻略できるのかも気になるところ。
Whirlpoolの「77」のように3×3+1の10人ヒロインなのかしらん。

主人公とその妹にして悪魔・光理。
前回体験版では地味な感じでしたけど今回からは本領発揮。
主人公が「高速思考」で状況を打破していく様は楽しいです。
予想していたデスノやギアスのような悪役というよりは
むしろ落とし神に近い印象でしたけどこれはこれでありですね。
光理の人外っぷりも垣間見えて今後が楽しみになってきました。

サクッと終わらせてみた感じでは前回より期待度はアップ。
今回のヒロイン3人は私的には好印象でした。
ただ、全体的にテンポがよくサクサク進むので
各個別のボリュームがどうなるかがちょっと心配です。
ヒロインが10人いても全体ボリュームが普通だと微妙ですし。
とはいえ依然、予約する可能性は高めです。
次回体験版にも期待。

コメント

非公開コメント