手を出したものの感想を書き溜める場所
デュエリスト×エンゲージ ネタバレ感想その2
公式はこちら。

今回はモナ、エーリカルートの感想です。
例によってネタバレが超あるのでご注意を。
ネタバレの薄い感想はこちらに。

関係ないですが立ち絵ではモナのやれやれ顔と
ヴィオの指差しポーズ、ヒナの魂魄抜けに
エーリカの\(^O^)/が好きです。
あと鳥取砂丘さんのSD絵全般が可愛過ぎ。
ひのまると桜花もそうですがホントいい絵ですわー。
○槙野 萌菜香
くはーーーっ!
ゴロゴロ転げ回りたいほど面白いのは久々です。
何が凄いかって徹頭徹尾恋愛の話であるということ。
鈍感とツンデレというお約束コンビでありながら、
そこを掘り下げたシナリオって珍しいような気がします。

恋愛に不器用なキャラは数あれどモナの不器用さは
もう病気と言えるレベルですしある意味ヤンデレですね。
まずあの告白するシーンで保留したのには噴いた。
そしてその後浮かれポンチになったかと思えばあんこに
諭されて土下座するとか言い出してもう笑いっぱなしです。
こういうデレ方もあるのかと感心した次第。

そしてラストバトル。
お互い何を言っているのか分からないまま叫び合う
グダグダっぷりは文句なしに素晴らしかったです。
モナのヘタレの原点である征斗に対するコンプレックス。
征斗からすればそういうつもりはなかったんでしょうけど、
モナからすれば「やれやれ」とばかりに世話を焼かれるのが
実は相当悔しくてそれが爆発しちゃったってことでしょうか。
勝っても結婚してやるものか宣言は割と意味不明ですが
そういう意味不明なところが凄く好きなんですよねー。

最後、モナは試合には勝ったものの、
征斗の涙には負けてしまったってところですかね。
ヒロインの涙ではなく主人公の涙で決着というのが
何とも締まらないですが、この二人にはお似合いでしょう。
なんというか、凄く好きな話でした。

○エーリカ・フランベルジュ
エーリカというキャラの魅力を生かしきったシナリオ。
ストーリーとしてはヴィオレッタよりも王道かも?
体験版時点では単なる我が侭キャラという印象だった
エーリカですが、実は非常に素直な性格で征斗やヒナが
誠意を持って接してやるとどんどん丸くなっていきます。
それだけ今まで家で放置されてたってことですかね。

お金の価値しか信用しなかった娘が友情や愛情といった
お金で買えないものの存在を知っていく姿はお約束。
なんだかんだでこういうロリ教育系シナリオって好きです。
初めての恋愛感情に戸惑う様子は実に微笑ましいです。

そしてシナリオを盛り上げるのがヒナとスズキ。
ここでもいい仕事するヒナはマジ助演女優賞だと思います。
スズキはギャグキャラかと思ってたのに意外と熱い。
槍を差し出すシーンは素直に燃えました。

ラストバトルも正統派スポ根の流れでキッチリ締め。
モナルートとは正反対でこれはこれで良かったのですが、
私としてはやっぱりグダグダバトルの方がちょっとだけ好き。
話として綺麗なのはこちらでしょうけどね。

まとめ。
やはりモナ、エーリカルートの良さが光ります。
モナは主にラブコメ方向、エーリカはシナリオ方向で。
なので、私的にはこの二人だけで十分元を取れましたよ。
ヴィオとヒナもかわえかったですし、萌えゲー部門としては
かなり上位に記憶される作品になりました。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック