手を出したものの感想を書き溜める場所
仮面ライダーOOO第28話 感想
「1000と仮面ライダーと誕生日」

戦闘員・千堂の家では彼の欲望によって
続々と戦闘員ヤミーが生み出されている模様。
前回の予告で戦闘員が大量発生していましたけど
あれは全部ヤミーだったのか。
カザリ的には頼りなさを感じまくりのようですが。

オウムヤミーを倒されてぶち切れるアンクですが、
映司の方も伊達さんがやられかけていたからしょうがないと
ぶち切れ返してとりあえず伊達さんの治療を優先します。
映画も監督が重傷のため延期になるかと思われていたものの、
伊達さんは傷をおしてでも最後まで撮りたいようで、
その姿に感動した他の面々もそれにお付き合いすることに。
いやアンクは文句ばかりでしたけど。

しかし肝心の映画はショッカー警察官の演技の下手さや
比奈のサバ折り攻撃のせいで微妙な出来。
伊達さんのダトバソングには笑いました。

気を取り直してテイク2。
本気を出したショッカー警察官に苦戦する映司。
更に後藤さんが本物の銃で攻撃したり歴代戦闘員ヤミーが
大挙して攻撃してきたりと、映画はますますカオスな状況に。
でも後藤さん、本物の銃にショックを受けてましたけど
序盤ではバズーカでオーズを攻撃してたよね。

とりあえず戦闘員軍団はタジャトルで蹴散らしたものの、
イカジャガーヤミーの触手に捕まってしまったオーズ。
しかし後藤さんの石頭攻撃や比奈の投石アタック、
更に千堂の援護によってなんとかピンチを脱出します。
映画パートでのギャグをここに繋げてきたのは面白い。

その隙にバースはメダルを1000枚使ってサソリメカ召喚。
サソリに殴られたカザリはお約束の捨て台詞を残して撤退。
更にサソリとシャウタの連携でイカジャガーヤミーを追撃し、
尻尾から七色ビームを出して撃破しました。
サソリを操る伊達さんは凄く楽しそうでしたけど
メダルを1000枚も使うとなるとかなりの大赤字っぽい。

最後はオーズと戦闘員がガッチリ腕を組み合って終わり。
ライダーと戦闘員は永遠のライバルってことですね。
大昔にwebで見た戦闘員漫画を思い出しました。

今回は最初から割り切って見ていたせいか
前回よりも普通に楽しめたような気が。
何気にキヨちゃんの芸が細かくて萌えました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック