2011/03/13

空飛ぶ赤いワイン樽 今更感想

公式はこちら
ソラも良かったですし橙汁応援的な感想を書いてみます。
発表当時は「微妙そう」とか「レトロ過ぎだろ」とか
「そんなことよりスグリの続編はどーしたんだよ」とか
色々思ってたんですがやってみると素晴らしかったというオチ。

作品の雰囲気は第一印象のとおり「紅の豚」に近いです。
オマージュっぽいところもちょこちょこありますしね。
大空はロマンだ!というのが大好きな人にはたまらないかと。
キャラもぷに系で全体的に暖かい作品になっています。

システム面では、大きな特徴が二つあって、
その一つがミサイル(ボム)を使った敵機の連鎖撃破。
敵を倒すとコインが出てそれを取ることによって
ミサイルが補充されるのですが、ミサイルでテンポ良く
敵を倒すとこのコインの数が増えるせいで上手くやれば
無限にボム攻勢をかけることも夢じゃないんですよね。
これがホント爽快で撃つのに集中し過ぎてよく事故ります。
画面上半分を火の海にしたら脳から何か漏れそうになる。

もう一つの特徴が両サイドを使った会話。
会話ウインドウが画面を占領しないおかげで
戦闘しながら会話できるのは大きなメリットですね。
ステージの流れを止めずにボス戦に入れるのもいいし、
敵さんも爆発しながら色んな台詞を吐くのが面白い。
これは他のゲームでもやって欲しいかも。

難易度的にはそこそこレベルかと。
基本的に撃たれる前に撃つタイプのゲームなので
ダラダラしてるとすぐに画面が敵でいっぱいになりますが、
ミサイルを効率良く撃てばそこまで難しいわけでもないです。
全5面ですがイベントが多いのでボリューム的には不満なし。
特に5面突入時の演出は宮崎アニメぽくてホロリと来ます。
しかも最後は最後でキッチリ熱く決めてくれるから侮れない。
橙汁のラス面演出は毎回力が入っていて感動させられます。

スグリシリーズとは違って真っ当に作られた佳作。
非常にシンプルで分かりやすく楽しめるゲームなので
少し時間が空いたときのストレス解消にぴったりですね。
ちょっと古いですけど各DLサイトでは普通に購入できますし、
まずは公式で体験版を触ってみるのもよろしいかと。

コメント

非公開コメント