fc2ブログ
2022/05/07

仮面ライダービルド 感想

エグゼイドに続いてビルド完走しました。
自分はビルド終盤に平成ライダーに復帰したので、
ビルドを最初から通して見るのはこれが初めてです。
今回はエグゼイドから続けて見たということもあって、
前作と違うことをしようとしているのがよく分かりました。
なので、主にエグゼイドと比べてどこが気になったか、
感想を書いていこうかなと思います。

まず思ったのは、ビルドは2号ライダーの登場が遅いこと。
エグゼイドは序盤から3人ライダーが絡んでたのに対して、
ビルドのクローズ登場は1クール終盤でしたね。
そのせいで序盤のスピード感はビルドの方が遅いのですが、
戦兎や東都の謎についてはじっくり掘り下げていたので、
結果的には一長一短になっていたと思います。

エボルトという存在もエグゼイドとの違いでしょう。
物語をかき回すトリックスターという点では
檀黎斗に少し共通点があるといえなくもないですが、
最初からレギュラーとして登場し続けたのに
ラスボスにまでなったというのは大きな違いです。
途中で戦兎たちを鍛えるような行動も多かったですし、
もしリアルタイムで見ていたら最後は味方になると
思い込んでしまってたかもしれません。

主人公の内面に第二の自分がいるというのは
エグゼイドとビルドの共通点と言えるでしょう。
とはいえ、パラドは登場人物の一人として
積極的に物語に絡んでライダーに変身していたのに対し、
葛城巧は過去の重要人物でこそあるものの、
人物としてはあまり動きがなかったのは大きな違いかと。
ともすれば被ってしまいそうな設定なだけに、
しっかりと違いを出していたのは上手いと思います。

話のメリハリについては、ビルドよりも
エグゼイドの方がハッキリしていたような気がします。
例えばエグゼイドの貴利矢死亡はショッキングでしたが、
ビルドの三羽ガラスについては3回に分けたこともあって
なんだかダラダラとした展開に感じてしまいました。
噛ませ犬として3回便利に使われた感が強いのがね…。

ビルドでスッキリすることが少なかったのは
エボルトが終始暗躍していた影響もありますね。
北都も西都もエボルトの掌の上で転がされているだけで、
両国首相共に敵として魅力のある存在ではなかったですし。
黎斗やパラドが敵ライダー兼ボスだったのと比べると
どうしても見劣りしてしまいました。

そんな感じで話の作りはエグゼイドの方が好きなのですが、
逆に設定面ではビルドの方が好きだったりします。
日本が三つに分断されているというのは面白いですし、
エグゼイドのレベルインフレが結構雑だったのに比べると
ビルドのハザードレベルは適度に抑えられていたと思います。
総合的にはエグゼイドに軍配を上げますが、
両作品とも一気に見てしまうほど楽しめる作品でした。

コメント

非公開コメント