fc2ブログ
2022/04/03

『戀童夢幻』木下昌輝 感想

戦国時代の衆道関係、念友に焦点を当てる…と見せかけて
実際にはこの時代に花開いた文化芸術に関する連作小説。

主人公となるのは森蘭丸、梅若太夫、
千利休、不破万作、そして徳川家康の5人。
この5人それぞれに関係する大事件の裏には
実は謎の踊り手・加賀邦ノ介が絡んでいたという、
他では見られない切り口の作品となっています。

小姓から芸術家まで立場が全く違う主人公たちですが、
話に共通しているのは芸術が絡むことですね。
最初の森蘭丸、梅若太夫の話で衆道のドロドロした
嫉妬描写が多かったので衆道の話かと思ったのですが、
終わってから考えると衆道文化を掘り下げてたのかなと。
千利休あたりは完全に文芸面での戦いの話でしたし。

加賀邦ノ介の正体についてはこじつけと思うか
そう来たかと思うかは微妙なところかもしれません。
個人的にはいい意味で裏切られましたけどね。
それより最後の話の徳川家康の小物っぷりがちょっと残念。
物語のラスボス的な立ち位置なんですけど
普通のスケベ親父っぽさが強くて盛り上がりに欠けました。
文芸は権力を超えるというオチ自体は好きですけどね。

そんな感じで衆道描写が非常に多いので癖がありますが、
他の小説とはちょっと違う戦国時代が楽しめる作品でした。

コメント

非公開コメント