fc2ブログ
2021/08/14

シン・エヴァンゲリオン劇場版 感想

アマプラで配信されたのでようやく見ました。
総括的な感想としては、面白さはそこそこだったものの、
各キャラクターの着地点としては納得という感じです。

演出のセンスは流石エヴァという部分は多かったです。
ヴンダーの対艦戦や初号機と13号機のタイマンなど、
新しい演出を見せようという気概は感じられました。
ただ、昔と比べるとアニメ全体の映像技術の進化もあって、
他を圧倒するものではなくなったように思います。
例えば今回のエヴァの戦闘も面白かったですけど、
同じく最近の鬼滅や閃ハサと比べて圧倒的かと言われると
個人的にはほぼ互角というレベルに感じられました。
これはエヴァが凄くないというよりそこに匹敵する作品が
珍しくない良い時代になったと言えるのですが。

ストーリーはエヴァにしては分かりやすかったかなと。
もちろん設定の謎で引っ張るエヴァらしさもあったのですが、
それ以上にシンジの成長に焦点が当たっていて、
彼の迷走と再生、父親との決着の物語として見れば
シンプルで綺麗な決着になっていたと思います。
シンジの再生にしろゲンドウの過去にしろ
今となっては新鮮さのあるものではなかったですが、
それでも20年以上の時間をかけて辿り着いたと考えると
見ているこちらも謎の達成感を持つことができました。
シンジとアスカの恋の決着やミサトさんの結末など、
その他の細かい着地点についても文句なしでした。

なんというか、「終わったなぁ」という感情を
凄く実感できる内容だったという意味で、
最後のエヴァに相応しい作品だったと思います。
個人的にはエンタメとしてはそこそこだったと思いますし、
他人に勧めるかと言われると微妙なところですが、
自分の中のエヴァを終わらせたい人は見て損なしかと。

しかしまあなんというか…終わったなぁ(遠い目

コメント

非公開コメント