FC2ブログ
2020/10/23

『ハミダシクリエイティブ』 感想

公式はこちら

『まどそふと』の新作である
『ハミダシクリエイティブ』の感想です。

うむ、スッキリと面白かった。
引き篭もりとか対人恐怖症とか兄妹恋愛とか、
ところどころで重くなりそうな気配を感じさせつつも、
ある程度掘り下げたところでスパッと方向転換して
コメディ展開を維持したところはナイスでしたね。
これぐらいなら謎シリアスと言われることも少ないはず。

ヒロインたちが声優や神絵師など才能の塊なのに対して、
凡人主人公がどう活躍するのか気になっていたのですが、
そこはヒロインを支える一般人という感じで
それなりに無難なところに落としたなと。
つい最近もありましたが、有名人と結婚する一般人って
こういう立場を確保しているのかもしれません。

ヒロインの中では横暴さが目立っていた詩桜先輩ですが、
話の後半ではしっかりと逆転してくれましたね。
主人公に対してきつかった理由もフォローされましたし、
後半のイチャイチャっぷりはストレートに可愛かったです。
もちろん妹と絵師とVtuberも可愛かった。

難点はクライマックスでの盛り上がりですかね。
ヒロインの才能を生かすとはいっても所詮は文化祭なので、
どのルートも小粒な盛り上がりだった印象はあります。
こういう凄い朗読や歌をクライマックスにするタイプは、
作中の盛り上がりにプレイヤーを共感させるのが難しい。
文章で歌の凄さを感じさせるのは至難ですからね…。

その点、文化祭描写が消える詩桜先輩ルートは
盛り上がりこそないもののイチャラブの濃度は高く、
エロゲーとしての満足度は意外なほど高かったですね。
この辺りはエロゲーとしての話作りの難しさだなと。


まとめ。
手堅く楽しめるラブコメでした。
盛り上がりに欠けるとは言ったものの、
日常の楽しさやヒロインの可愛さを考えると
全体の評価としては十分に満足の行くものだと思います。

性癖的にはもうちょっとヒロインを曇らせて欲しい…
と思わなくもないのですが、それをやると万人向けには
ならなくなっちゃうでしょうし、この辺りが正解でしょう。
あと一歩で重くなり過ぎそうなところで切り返す感覚は
このライターさんの武器の一つではないかなと。

甲木順之助さん、名前を憶えておきたいライターですね。

コメント

非公開コメント