FC2ブログ
2020/02/23

『将軍家康の女影武者』近衛龍春 感想

将軍家康の女影武者
将軍家康の女影武者
posted with amazlet at 20.02.22
近衛 龍春
新潮社
売り上げランキング: 141,061

徳川家康といえば数多くの側室でも有名ですが、
これはそのうちの一人である於奈津を主人公にした物語。

タイトルに女影武者とあるように、
この作品の於奈津は家康の代わりに輿に乗ったり、
家康の戦略にアドバイスしたりと男勝りな活躍を見せます。
声真似が得意で、顔を見せなければ周りを騙せるのが面白い。
真田幸村が切り込んできたときに相対するシチュは
来るのが分かっていても楽しめましたね。

家康へのアドバイスについては、
家康の考えを補強する方向なのが面白かったです。
基本的に家康の方が於奈津よりは優秀なんですけど、
ヘタレで臆病な家康は決断力に欠けるところがあって
於奈津が家康の思考を理解し納得することで
家康も決断できるというのがいいコンビだなぁと。
家康の賢さとずるさと臆病さを持ちながらも
どこか愛嬌を感じさせるキャラクターも良かったですね。

家康の女影武者というトンデモ設定を生かして
上手く物語を盛り上げている作品だったと思います。

コメント

非公開コメント