fc2ブログ
2019/08/02

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』 感想

見てきました。
いやー今回も痛快爽快で楽しめる作品でした。
平成ライダーのラストを飾るお祭りということで
敵が平成を敵視する集団というのは思い切ったなと。
ただ、ジオウという作品のことを考えると、
この敵の在り方は納得できないものでもない。
サプライズゲストもそう来るかーという感じでしたし、
作り手も全力で楽しんでる作品だったと思います。

以下ネタバレをダラダラと。

前半の信長編、面白かったけど少し忙しかったなー。
映画の構成としては現代だけで納めた方が良かったかも…
と思うのですが、ゲイツ信長が面白過ぎたので許した。
本物信長のキャラも珍しかったですし、
魔王の真相への繋がりもあるからまあいいかなと。
勢いで誤魔化された感はありますが、
それはそれで平成ライダーらしさでもある。

またしても裏切るウォズくん。
いやもうこれまでの流れを見ていれば
最終的に味方になるのは分かり切っているんですけど、
ゲイツVSウォズは二人の変化が感じられて良かったですね。
なんだかんだでソウゴとウォズを信頼してるゲイツに、
敵対しても二人への甘さを隠し切れないウォズ。
うーん、めっちゃエモい。
ウォズも立派な平成ライダーなんだよなぁ。

平成ライダーをめちゃくちゃとか言うな!

…いや割とめちゃくちゃだよ!
今回の映画も結構めちゃくちゃだったよ!
そこが好きだけど!

とまあそんな感じでしたね。
このシーンは笑いながら突っ込んでしまいました。
しかしISSAさん、迫力のある面構えしてるなぁ。

サプライズゲストは面白かったですね。
個人的にはデザインが好きなGが出てくれたのが嬉しい。
ノリダーは最初誰か分からなかったよ!
どこかで見たなーと思ってて調べて思い出しました。
小学校の頃めっちゃ流行ってたなぁ。

最強フォーム勢揃いは熱かったですけど、
欲を言えばもう少しバトルシーンが見たかったですね。
いやもうこれは完全に贅沢な話ですが。
しかし平成になってもバイオライダーは強かった。
これまでも散々言われてましたけどやっぱ強い。
止めの平成キックは期待通りだったので大満足。

最後はゲイツもツクヨミも帰らないのかよ!
ウォズも死んでないのかよ!
なんかもうご都合主義満載ですけど
序盤で視聴者に語り掛けるウォズといい
メタ要素も満載な作品だったので結果良ければ全て良し!
なんだかんだでソウゴゲイツツクヨミウォズの4人組は
平成ライダーでトップクラスに好きな主人公組ですし。

映画も見終わって後はTVの最終回を待つのみ。
この勢いで最後まで突っ走って欲しいですね。

コメント

非公開コメント