FC2ブログ
2019/05/09

『缶詰少女ノ終末世界』 感想

公式はこちら。
シルキーズプラス『缶詰少女ノ終末世界』
シルキーズプラスの最新作である
『缶詰少女ノ終末世界』をクリアしてみました。

内容としてはいつもの渡辺僚一作品で、
量子力学を交えたライトなSFエロゲーとなっています。
作品の展開もいつも通りという感じで、
珍妙な登場人物たちがわちゃわちゃやりつつも
徐々に不思議な世界の謎が明かされていって、
最後には爽やかな雰囲気で纏まるといった流れですね。

今回重点を置かれていたのは世界の書き換え。
話の途中で何度も世界が切り替わるのですが、
少しだけ前の世界からズレ状態で始まることもあれば
突然緊迫した状態に放り出されることもあって、
ただのループ物とはちょっと違った楽しみ方が出来ました。
こういう分かりやすい描写の仕方は流石です。

その一方でエロゲーとしては微妙かなと思う面も。
今回は個別ルートもなくエロシーンも10回と少ないので、
そっちを期待する人にはオススメできません。
一応、各ヒロインをピックアップする流れはあるものの、
明確なルート分岐はなく一本道で終わる作品なので、
ヒロイン目当てだと物足りなさは感じます。

キャラの扱いとしてもヒロインは脇役で、
メインはダブル主人公である小海とツバキという印象。
この二人の視点を行き来しつつ
世界の謎に迫っていくという作品なので、
いつも以上に「世界」に重点が置かれていましたね。
そういう点では「世界」と「ラブコメ」を関連付けた
あきくるは上手くエロゲーしていたと思いますけど。


まとめ。
SFとしては面白いことをやっているのですが、
エロゲーとしてはパワーは控えめな作品でした。
終末物は割と好みなのに少し中だるみしてしまったのは
ツボなキャラがいなかったことが原因だと思います。
主人公かヒロインにストライクなキャラがいれば
もう少し熱中できたかもしれませんね。
…いやヒロインが好みだと扱いに不満が出たかもですが。

いつもより更にSFに寄った作品なので、
ヒロインの扱いやエロをある程度割り切れる人で
SFエロゲーを欲する人なら購入するのはありかもしれません。
いや割とニッチな層向けな気がしますけどね。

コメント

非公開コメント