fc2ブログ
2019/02/16

『コードギアス 復活のルルーシュ』 感想

見てきました!
TVシリーズはあれはあれでよい終わり方でしたけど
やっぱビターエンド的なやるせなさは残っていたりして、
モヤモヤを抱え続けてきた人は多いのではないでしょうか。
本作はそんな気持ちに見事に応えてくれる映画だったと思います。

内容としては、とにかくC.C.が可愛いということに尽きますね。

…つーかほんっっっっと可愛過ぎてやばかった!!!!

自分はギアスヒロインではC.C.派だったので死にました。
全ての感想が吹き飛んで「ルルC.C.最高」だけが残るレベルです。
いや見る前からC.C.が正妻というのは聞いていましたけど、
まさかここまで凄まじい破壊力だとは思ってなかったですよ…。

まず序盤、壊れたルルーシュを連れて世界中を回るシーンだけで
「もう無理…しんどい」ってなりますし尊さが強過ぎる。
何もできないルルーシュを食べさせ、荷物を持ち、
危険からは守るという母親ムーヴでもういきなり泣きそう。
前情報でバブみを感じるとは聞いていたんですけど、
思っていたレベルを遥かに超えていました。
劇場で何度のたうち回りそうになったことか。

ルルを連れて旅してたのがカレンにバレた時のC.C.の挙動が
親にえっちな本見つかった時と同じで笑いました。
ルルーシュを復活させたことをカレンに攻められて
完全に自分の身勝手故だと返すところもいいですよね。
こうね、周囲だけでなくルルーシュ本人にとっても
死なせておいた方がいいのかと思いつつも、
自分の気持ちのため復活させようとしているのがたまらんです。

ルルーシュが復活してからの正妻っぷりも完璧で、
空気を読むべきところ出てくるはしっかり読みつつも
要所要所ではルルーシュをサポートしてるところが素晴らしい。
やっぱこの二人には複座ナイトメアが似合うよ。
更にルルーシュがヘタれそうになったときに銃口を向けて
自分の想いを叫ぶシーンがこれまたエモいんですよね…。

ラスト、C.C.がナナリーと和解したルルーシュを置いて
一人で去っていくところはホント期待通りでしたし、
心の中で「ルルーシュ行け!行け!」って思ってたら
ルルーシュが追っかけて来たところでこっちも涙腺崩壊ですよ。
もう一生二人で幸せになってくれってもんですよ。
ホント自分のカプ厨的好みを刺激しまくってくれる作品でした。
満足し過ぎていまだに思い出したらクラクラしてきます。

この映画の殊勲賞は間違いなくC.C.でしたけど、
他のキャラも締めの映画に相応しく活躍してましたね。
TV版だと悲劇的な別れ方をしたキャラたちが
一丸となってナナリーを助ける展開はまさに最終決戦。
ルルーシュが生きてたと分かった時にスザクが
嬉しさ混じりでマジ切れしてるシーンはエモかった。
実際ルルーシュは死んでたので騙したわけではないですけど、
それでも黙って殴られるルルーシュがまた良い。
そうだよな…お前たちはそういう関係だよな…。

カレンと咲世子とロイドもめっちゃ出番多かったですね。
素直になったカレンの反応には癒されます。
こやつもなんだかんだでC.C.とはいい友達だよなぁ。
咲世子は生身戦闘が非常に多かったですし、
ロイドもやたらと激戦区に放り込まれてメガネ大活躍でした。

スザクとカレンがデカブツで出撃して苦戦…かーらーの
パージ無双は相変わらずのバケモノっぷりで痛快。
パージする前のカレンの平謝りにはめっちゃ笑いました。
大量のザコを相手にしつつボスまで落とした
コーネリアとギルフォードの活躍も十分過ぎますし、
逆転のヒントを出した扇と玉城もナイス。


いやはや、個人的には大満足の作品でした。
ルルC好きとしてはホント、よくやってくれたとしか。
限られた時間内での強引な展開や出番の偏りはあるので
流石に万人におススメとまでは言いませんが、
ルルーシュとC.C.のゴールが見たい人にはおススメ、
ルルC好きなら絶対に見とけってレベルでしたね。
映画館で尊さのあまり悶えそうになったのは初めてかも。
10年経って推しカプがハッピーエンドを迎える…
こんなことがあるからオタクは辞められないですね。

コメント

非公開コメント