FC2ブログ
2018/07/11

『鬼を纏う魔女』吉田恭教 感想

鬼を纏う魔女
鬼を纏う魔女
posted with amazlet at 18.07.11
吉田恭教
南雲堂 (2014-06-01)
売り上げランキング: 303,586

ちょっとレトロな雰囲気が漂うミステリー小説。

舞台は現代なんですけど全体的に昭和っぽい印象ですね。
身体に般若が掘られた異様に若い女性死体や
樹海で暗躍する謎の宗教団体など
興味を引かれる要素は多かったのですが、
30年前ならともかく現代の話としてはちと古いか。

あと、舞台がド田舎という訳でもなく
早い段階でそこそこ大規模に警察が介入しているので
もっとさくさく真相が判明しそうな気もします。
しかしそこさえスルーすれば楽しめる作品でした。

とにかく情報の小出しの仕方が上手いですね。
死体が見つかる、般若の刺青が見つかる、
年齢の割には異様に若いことが判明する、というように
じわじわと掘り下げられていくので最後まで飽きません。
宗教団体からカニバリズムに繋がっていくのも
田舎の秘密儀式に通じる雰囲気があります。

しかしオチは若干盛り上がりに欠けましたね。
推理を披露するシーンは探偵小説っぽいのですが、
犯人サイドの事情には普通に同情できますし
探偵役も普通に許すので丸く収まってしまった感が凄い。
共感はできるのですが大人しい終わり方でした。

なんというか、隔離された辺境で起こりそうな事件を
現代の街中でやっているような違和感があるのですが、
そこがまた癖になりそうな不思議な小説でした。
この作者さんの他の作品も読んでみたいです。

コメント

非公開コメント