2018/07/04

『維新の肖像』安部龍太郎 感想

維新の肖像
維新の肖像
posted with amazlet at 18.07.04
安部龍太郎
潮出版社 (2015-04-02)
売り上げランキング: 304,773

日本人初のイェール大学教授である朝河貫一が
二本松藩士であった自分の父を主人公にして
明治維新の小説を書くという一風変わった歴史小説。

物語はアメリカに住む主人公・朝河貫一が
日本の中国侵略によってアメリカで非難される話と、
朝河貫一の父である朝河正澄が戊辰戦争を生き抜く作中作が
平行して進むという構成になっています。
凝った構成ではありますが、明治維新から太平洋戦争へと
繋がっていく流れは自然で、説得力がありました。

満州事変を起こし戦争へと突き進む日本を
アメリカに住んでいる日本人の視点で見るというのは新鮮。
日本の起こした事件が悪いとはいえ、
それとは直接関係のないアメリカ在住の日本人への
差別が発生するところは、アメリカといえど
同じ人間の国家だということを実感させてくれます。

明治維新サイドは二本松藩視点なのが面白かったです。
戊辰戦争では完全に脇役な小藩なのですが
薩長や会津の思惑に振り回されながらも
武士としての生き様を見せようとする足掻く姿は
読んでいてついつい応援したくなりました。

終わり方も爽やかだったのですが、
それでも微妙にスッキリしない感が残るのは
この後日本が太平洋戦争に進むのが決定しているからか。
今後の展開を知っているせいでメタ的な視点だと
「やっぱだめじゃん!」となるのが歴史小説の難しさ。
ここを上手く誤魔化してくれれば文句なしでしたが、
それを抜きにすれば十分楽しめる作品でした。

コメント

非公開コメント